コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一上一下 イチジョウイチゲ

デジタル大辞泉の解説

いちじょう‐いちげ〔イチジヤウ‐〕【一上一下】

《上から切りおろし、下から切り払う意から》
上がったり下がったりすること。
「肉叉(フオーク)と食刀(ナイフ)を十文字に構えたが、梭(おさ)を投げるように左右の―するのを」〈紅葉多情多恨
刀をとって、激しく打ち合うこと。
「太刀をひらめかして頓(やが)て野崎に馳向(はせむか)い―と斫結(きりむす)べる」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじょういちげ【一上一下】

(副詞的にも用いる)
上がったり下がったりすること。 「車体は-と動揺して/義血俠血 鏡花
刀を振るってうち合うこと。 「得物を打振りつつ-と砍結きりむすび/近世紀聞 延房

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一上一下の関連キーワード鏡花

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android