一上一下(読み)イチジョウイチゲ

  • いちじょういちげ イチジャウ‥
  • いちじょういちげ〔イチジヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

《上から切りおろし、下から切り払うから》
上がったり下がったりすること。
「肉叉(フオーク)と食刀(ナイフ)を十文字に構えたが、梭(おさ)を投げるように左右の―するのを」〈紅葉多情多恨
刀をとって、激しく打ち合うこと。
太刀をひらめかして頓(やが)て野崎に馳向(はせむか)い―と斫結(きりむす)べる」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

(副詞的にも用いる)
上がったり下がったりすること。 車体は-と動揺して/義血俠血 鏡花
刀を振るってうち合うこと。 得物を打振りつつ-と砍結きりむすび/近世紀聞 延房

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「と」を伴って副詞的にも用いる)
① あるいは上がり、あるいは下がること。また、上げたり下げたりすること。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一「車体は一上一下(イチジャウイチゲ)と動揺して」 〔呂氏春秋‐季春紀・圜道〕
② 刀を上から打ちおろし、下に打ち払うこと。刀で激しく打ち合うこと。
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)四「鋭(とき)大刀風に撃(うつ)を発石(はっし)と受留て、払へば透さず数刀尖(こむきっさき)を拄(ささえ)て流す一上一下(イチゼウイチゲ)
③ その瞬間瞬間の場面に応じて適切に対処すること。あれこれかけひきをすること。臨機応変。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉一〇「或は風流に或は武骨に、一上一下(イチジャウイチゲ)虚々実々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

あるいは上がり、あるいは下がること。また、上げたり下げたりすること。転じて、その時々の場面に応じて適切に対処すること。あれこれかけひきをすること。

[活用] ―と・―する。

[使用例] 車体は一上一下と動揺して[泉鏡花*義血侠血|1894]

[使用例] それ知られては行くも憂し行かぬも憂しとはらうちは一上一下虚々実々[斎藤緑雨*かくれんぼ|1891]

[解説] かけひきをする意で用いる場合は、多く「一上一下虚虚実実」の形となります。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android