コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣劇 けんげき

6件 の用語解説(剣劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剣劇
けんげき

刀による立回りをおもな見せ場とする演劇,映画。通称ちゃんばら劇,ちゃんばら映画,ちゃんばら物。大衆演劇,地方町村での興行を中心とする小劇団などで演じられることが多い。新国劇の創始者沢田正二郎によってつくり上げられた,スピードのある迫真的な立回りがその代表的なもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐げき【剣劇】

刀で切り合う場面を見せ場とする演劇や映画。ちゃんばら劇。「女(おんな)剣劇

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

剣劇【けんげき】

たてを主とする演劇・映画。チャンバラ(劇・物)ともいう。大正中期新国劇の創設者沢田正二郎歌舞伎からとり入れて発展させ,大衆演劇の一大ジャンルとなった。時代劇映画への影響も大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんげき【剣劇】

大衆演劇の一種類。互いに剣をふるって斬り合うことは古くから歌舞伎でも行われて,タテつまり立回りと呼ばれる独自の演出形式を生んでいるが,それを写実的な急テンポにしてタテの主目的である様式美よりも迫真的な刺激を与えようとしたのが剣劇である。俗に〈ちゃんばら〉ともいわれた。1918年(大正7)ころ〈新国劇〉の創始者沢田正二郎が新しい国民大衆劇樹立を意図して進んでいるうちに,《月形半平太》《国定忠治》などの剣闘場面で写実的な緊迫感のある立回りの手を案出し,それが大阪の大衆に迎えられて新国劇の躍進はめざましくなるとともに,剣をふるう人物を主役にした脚本が相次いであらわれて〈剣劇〉の名がつけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんげき【剣劇】

刀で斬り合う場面を興味の中心とする演劇や映画。ちゃんばら劇。 「女-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剣劇
けんげき

剣の魅力を売り物にした大衆向けの演劇。剣戟(けんげき)(刀剣をもって斬(き)り合うこと)を剣劇と誤記したことから生まれた用語ともいわれる。俗称ちゃんばら劇。大正期に迫真的な殺陣(たて)を編み出して人気を得た沢田正二郎らの新国劇から1919年(大正8)に脱退した中田正造らが組織した新声劇が剣劇団の最初である。その後、明石潮(うしお)、田中介二、小川隆らの各一座をはじめ、全国各地に数多くの剣劇団が輩出、昭和期には梅沢昇(初代)、金井修らの一座が台頭、また女剣劇も派生した。しかし戦時色が濃厚になるにつれ、「やくざを正義者扱いする」「短時間に多くの人間を斬るのは荒唐無稽(こうとうむけい)」などの理由で制約を受け、また戦後は女剣劇やストリップショーに人気を奪われて衰退した。現在も剣劇を上演しているのは、かつて寄席(よせ)芝居とよばれていた(現在は大衆演劇を自称)小規模の劇団で、京浜、阪神、九州に散在する演芸場や、各地の温泉センターを活躍の場としている。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の剣劇の言及

【新国劇】より

…関西で松竹の白井松次郎に拾われ,京都南座,大阪角座などに出演するが,舞台に迫真的な立回りを取り入れてしだいに観客の喝采を得るようになり,19年には新たな座付作者行友李風(ゆきともりふう)(1877‐1959)の《月形半平太》で大当りをとった。続いて同じく行友の《国定忠次》も成功し,テンポの早い演技と激しい立回りで,剣劇という一ジャンルをつくり,関西劇界を席捲した。沢田の目標は歌舞伎と新劇の中間を行くような新しい大衆演劇の樹立にあり,〈民衆と握手せよ,而して片足のみは不断に民衆より半歩を進めよ〉と〈演劇半歩主義〉を主張した。…

※「剣劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

剣劇の関連情報