チャールズ・マンソン(読み)ちゃーるず・まんそん(英語表記)Charles Milles Manson

知恵蔵の解説

チャールズ・マンソン

米国のカルト集団指導者。「ファミリー」と呼ばれる信者は、マンソンの指示で凶悪な犯罪に手を染めた。1969年には信者4人がカリフォルニア州で女優シャロン・テート、スーパーマーケット・チェーンの経営者であるレノ・ラビアンカなど7人を殺害。マンソンは一連の犯罪を主導したとされる。71年に死刑判決を受けたが、同州で一時、死刑が廃止されたため、終身刑になっていた。2017年11月19日に同州内ベーカーズフィールドの病院において83歳で病死した。
マンソンは1934年11月12日、オハイオ州シンシナティで生まれた。母親は出産当時16歳で、父親は不明。母が育児を放棄し、犯罪者となったことから離別。10代前半から犯罪を繰り返した。67年以降にカリフォルニア州へ移り、信者を集めて「ファミリー」を形成、集団生活を始めた。
信者となったのは中流家庭出身の若者で、マンソンは終末論、ヒッピーの反権力主義、ビートルズの歌詞、独自に解釈した聖書、ヒトラーの言葉などによってファミリーを感化していった。自身をイエス・キリストの生まれ変わりだと思い込ませ、薬物などによって信者を支配した。
信者の1人であるスーザン・アトキンスは69年8月9日、映画監督ロマン・ポランスキーの妻で妊娠8カ月だったテートを胎児とともに自宅で殺害。信者らは同宅に居合わせた著名な美容師のジェイ・セブリングなど3人も刃物や銃で残虐に殺した。10日にはラビアンカと妻のローズマリーも殺害した。これらロサンゼルスに住む富裕層を狙った一連の殺人は「テート・ラビアンカ事件」として当時、国内外で大きく報道された。マンソンは現場にいなかったものの、信者たちを指示していたとされる。
マンソンと信者3人は70年6月にロサンゼルスで起訴され、マンソンには死刑判決が下っていたが、カリフォルニア州で最高裁によって死刑が違憲と判断されたため、終身刑に減刑された。約40年間で12回の保釈申請を行い、却下されている。
「ファミリー」が引き起こした事件は、書籍や映画、音楽の題材となった。米国のポップ・カルチャーにおいてマンソンは悪の象徴と位置付けられ、そのイメージは多くの音楽家や芸術家によって使われた。マンソンは獄中で曲を作って演奏し、それがレコーディングされ、販売されもした。また、米国のロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」などが楽曲をカバーしている。

(若林朋子 ライター/2017年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android