コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューブリン tubulin

百科事典マイペディアの解説

チューブリン

微小管の主要構成成分をなすタンパク質分子量それぞれ約5.5万のαおよびβサブユニットからなり,ふつう二量体として単離される。分子内にグアニンヌクレオチドを含み,条件によって重合または脱重合を起こす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

チューブリン

 微小管を形成する分子量50kの球状タンパク質.2種類がある.チューブ状の構造を形成する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チューブリン【tubulin】

微小管microtubuleを構成するタンパク質。微小管は生物界のほとんどすべての細胞に見いだされる直径24nmの管状繊維構造で,鞭毛・繊毛運動,細胞形態の形成・維持,細胞分裂,神経軸索内輸送などの多くの生理現象に深く関与している。1963年にギボンズI.R.Gibbonsが抽出,68年に毛利秀雄が命名。チューブリンはα,βの2種の異なったサブユニットから成り,異質二量体としての分子量は約11万で,2分子のGTP(グアノシン三リン酸)と1分子のマグネシウムを結合している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

チューブリン【tubulin】

生物のほとんどの細胞に存在する微細な管状構造物(微小管)を構成する主要なタンパク質。これにコルヒチンが結合すると、微小管の形成が阻害される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チューブリン
ちゅーぶりん
tubulin

細胞内の微小管を構成するタンパク質。沈降定数6Sの異形二量体として単離される。単量体はそれぞれ分子量約5万5000のα(アルファ)とβ(ベータ)で、ともにその全アミノ酸配列はブタの脳から得られたものについて決定されている。二量体一に2分子のグアニンヌクレオチドが、一つは強く、他は弱く結合している。アルカロイドのコルヒチン、ビンクリスチン、ビンブラスチンが強く結合し、微小管の重合を阻害する。これにより有糸分裂阻害がおこる。[馬場昭次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチューブリンの言及

【コルヒチン】より

…このための副作用として最初に現れるのは胃腸障害であり,副作用が現れたならば直ちに使用を停止することが肝心である。細胞分裂の停止は,有糸核分裂の際に染色体を両極に引き離すのに当たって働く微細管が,その構成タンパク質チューブリンの分子の凝集によって形成される過程を阻害するからである。コルヒチンはチューブリンの分子と結合することによってこのような作用を現す。…

※「チューブリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チューブリンの関連キーワード細胞分裂阻害型除草剤細胞骨格タンパク質微小管結合蛋白質細胞分裂阻害剤コルヒチン細胞運動中心体紡錘糸