コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンハマグリ Meretrix lamarckii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウセンハマグリ
Meretrix lamarckii

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。長 10cm,殻高 7cm,殻幅 4cmに達する。殻は厚く堅固,三角形状でふくらみは多少弱く,腹縁のふくらみも弱い。殻表は平滑で光沢があり,色彩は個体的に変異し,白,灰,黒,褐色などの地に殻頂近くに淡い斑紋を生じる。内面は白色で,外套線の湾入は小さく浅い。房総半島から九州までの外洋に面した砂底にすむ。肉は食用。殻は厚いので碁石の白石をつくるのに使われており,特に宮崎県は産地として有名である。ゴイシハマグリの別名もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チョウセンハマグリ

ハマグリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

チョウセンハマグリ

 [Meretrix lamarckii].ハマグリ目ハマグリ属の食用の二枚貝.海産.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウセンハマグリ
ちょうせんはまぐり / 朝鮮蛤
Lamarck's hard clam
[学]Meretrix lamarcki

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。鹿島灘(かしまなだ)以南の外洋に面した浅海の砂底にすむ。殻長100ミリメートル、殻高70ミリメートル、殻幅40ミリメートルに達する大形種。ハマグリに似ているが殻が厚く、三角形状で膨らみは多少弱く、腹縁の湾曲も弱いのが普通である。殻表は平滑で光沢があり、個体により色彩の変異があるが、斑紋(はんもん)は淡くあまり目だたない。また、外套(がいとう)湾入は浅く小さい。殻は碁石の白石の材料にされ、かつては宮崎県が有名な産地であった。このため本種にはゴイシハマグリの名もある。肉は食用にするが、ハマグリより多少堅く、味は劣る。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチョウセンハマグリの言及

【ハマグリ(蛤)】より

…ハマグリの学名のMeretrixは遊女の意で,lusoriaは遊んでいるということで,命名者が貝覆を遊女の遊びと思ったことによる。 チョウセンハマグリM.lamarckii(イラスト)はハマグリに似ているが,殻は厚く,膨らみは弱い。殻表に放射状の色帯がない。…

※「チョウセンハマグリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チョウセンハマグリの関連キーワードMeretrix lamarckiiコタマガイ碁石蛤貝塚

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android