コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルデン チルデン Tilden, Sir William August

5件 の用語解説(チルデンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チルデン
チルデン
Tilden, Sir William August

[生]1842.8.15. ロンドン
[没]1926.12.11. ロンドン
イギリスの化学者。苦学して,1871年ロンドン大学から学位取得。クリフトン・カレッジ理科教師 (1872) ,メーソン・カレッジ初代化学教授 (80) ,ロンドンの王立科学カレッジ化学教授 (94) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

チルデン
チルデン
Tilden, Bill

[生]1893.2.20. ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1953.6.5. カリフォルニアハリウッド
アメリカ合衆国テニス選手。本名 William Tatem Tilden II。裕福な家庭に育ち,両親の所属するクラブでテニスを始めた。1913年混合ダブルスで全米選手権大会を制したのち,1918年シングルスでも優勝した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

チルデン
チルデン

ティルデン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チルデン
ちるでん
William Tatem Tilden
(1893―1953)

アメリカの世界的テニス選手。ペンシルベニア州ジャーマンタウンに生まれ、幼少からテニスに親しんだ。2メートルに及ぶ長身を利してのサービスキャノンボール・サービスといわれて絶大な威力をもち、グランドストロークの正確さや相手の心理を読んだ頭脳的プレーと相まってテニス界の巨匠の名をほしいままにした。ウィンブルドン大会では、決勝戦で善戦する日本の清水善造(ぜんぞう)を破った1920年のほかに、21年、30年の3回シングルスのタイトルを獲得した。デビスカップではジョンストンとともにアメリカの7回連続優勝(1920~26)の原動力となった。そのうち21年は、日本の清水善造、熊谷一弥(くまがいいちや)をチャレンジ・ラウンドで破ったものである。しかし、27年以降はフランスのラコストらの活躍により優勝を阻まれた。全米選手権大会のシングルスでは7回優勝している。31年プロに転向し、世界各地を転戦、36年(昭和11)来日し田園コロシアムで妙技をみせた。彼は実技ばかりでなく、近代テニス理論の基礎を築いた人としても評価され、著書も多数ある。[久保圭之助]
『福田雅之助訳『チルデンのベター・テニス』(1972・ベースボール・マガジン社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

チルデン


ティルデンを見よ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チルデンの関連キーワードペンシルペンシルベニアペンシルハウスかしいかえんシルバニアガーデングラフペンシルベロシティペンシルPENCO シャープペンシルラッションペン シルバーペンシルベニア・バレエ団トランシルバニア・アルプス[山脈]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チルデンの関連情報