コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァーン Zahn, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツァーン
Zahn, Ernst

[生]1867.1.24. チューリヒ
[没]1952.2.12. チューリヒ
スイスの小説家。旅館の息子に生れ,ウリ州の知事など,数々の名誉職を歴任。アルプスの農民の日常生活を写実的に描いた短編集『山の人々』 Bergvolk (1897) など。 20巻の全集がある。

ツァーン
Zahn, Theodor von

[生]1838.10.10. エッセン近郊モエルス
[没]1933.5.15. エルランゲン
19世紀ドイツの代表的聖書学者。キールエルランゲンライプチヒの各大学の教授を経て再びエルランゲン大学で教えた (1892~1909) 。『新約聖書注解』を刊行し (03以後) ,みずからマタイ,ルカ,ヨハネの各福音書などを注釈したが,健全な保守主義の立場から聖書の真正なこと,その内容の歴史性を広い学識をもって主張した。彼が全般にわたって参与した『新約聖典および古代キリスト教時代の文学の歴史研究』 (10巻,1881~1929) は引退後に完成した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツァーンの関連キーワード東ベルリンカメラ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツァーンの関連情報