コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェティニェ ツェティニェ Cetinje

4件 の用語解説(ツェティニェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェティニェ
ツェティニェ
Cetinje

モンテネグロ南西部の古都。ポドゴリツァの西約 30km,標高 630mの高原に位置する。 1918年までモンテネグロの首都で,1945年その座をポドゴリツァに譲った。文化の中心地でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ツェティニェ(Cetinje)

モンテネグロ南部の都市。ロブチェン山の麓、標高680メートルの高地に位置する。15世紀、オスマン帝国の侵攻から逃れたツルノイェビッチ王朝のイバンが修道院を創設し、首都とした。以降、現在に至るまでモンテネグロの憲法上の首都であり、宗教的、文化的中心地。15世紀創設のツェティニェ修道院、モンテネグロ国王ニコラ1世の宮殿だったモンテネグロ国立博物館のほか、近代のモンテネグロ王国の名残で旧庁舎やヨーロッパ各国の旧在外公館などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ツェティニェ【Cetinje】

ユーゴスラビア南西部,モンテネグロ共和国の都市。人口2万(1981)。標高680mのカルスト地形の高地にあり,東部にロブチェン山(1749m)がそびえる。15世紀後半オスマントルコ軍の侵略により後退して,ゼータ地方(モンテネグロ地方)の国王イワン・ツルノイェビッチは,難攻不落のこの地に館を移し,修道院を建てた(1484)。モンテネグロは司教が聖俗界を支配する独特の制度で,修道院が政庁でもあったが,1847年,ニェゴシュ2世が王宮を新築して現在の町並みに改めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツェティニェ
つぇてぃにぇ
Cetinje

モンテネグロ共和国の古都。アドリア海に近い南部に位置する。人口1万8749(2003)。15世紀末イバン・ツルノエビッチがトルコの侵攻を逃れてこの高地(標高680メートル)に修道院を建て、首都を移した(モンテネグロでは主教が聖俗界を支配する制度であったため、修道院が政庁を兼ねた)。短命に終わったモンテネグロ王国(1878~1918)時代の名残(なごり)で、オーストリア、イギリス、イタリア、ロシア、フランスなどの旧公使館がある。叙事詩『栄光の山並み』の作者としても有名な聖俗界の首長ニェゴシュの館兼執務室ビリヤルダBiljarda、郊外のロブチェンLoven山上(1600メートル)にある彼の霊廟(れいびょう)、18世紀初頭に建てられた聖ペテロ修道院、博物館に改造されたニコラ王宮殿、劇場など見るべきものが多い。電気製品・製靴工場、印刷所がある。[田村 律]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツェティニェの関連キーワードセルビアモンテネグロユーゴスラビアセルビアモンテネグロSerbiaMontenegroセルビアン・トリコロール・ハウンドモンテネグリン・マウンテン・ハウンドユーゴスラビアン・マウンテン・ハウンドモンテネグロ共和国コソボ[州]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone