ツッカロ兄弟(読み)ツッカロきょうだい

世界大百科事典 第2版の解説

ツッカロきょうだい【ツッカロ兄弟】

16世紀半ばから17世紀初頭にかけて,ローマの古典主義的マニエリスムに指導的な役割を果たした画家兄弟。兄のタッデオ・ツッカロTaddeo Zuccaro(1529‐66)はマルケ地方サンタンジェロ・イン・バードSant’Angelo in Vadoの生れ。14歳でローマに出,ラファエロ派の装飾様式を独力で身につけ,パラッツォ・ファルネーゼ(カプラローラ)の装飾,サン・マルチェロ・アル・コルソ教会の《パウロの改宗》など,各ジャンルに才能を発揮した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報