コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツノハシバミ ツノハシバミ Corylus sieboldiana

2件 の用語解説(ツノハシバミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノハシバミ
ツノハシバミ
Corylus sieboldiana

カバノキ科の落葉低木で,各地の山中に生える。幹は直立し,高さ 5m,径 15cmに達する。葉は互生し,倒卵形または楕円形,縁には不規則な二重鋸歯がある。葉面に紫赤色の斑点を生じることが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツノハシバミ
つのはしばみ / 角榛
[学]Corylus sieboldiana Bl.

カバノキ科の落葉低木。大きいものは高さ5メートルに達する。若枝には毛がある。葉は互生し、長さ5~11センチメートルあり、卵形で縁(へり)には不規則で大きな鋸歯(きょし)がある。若い葉には、しばしば大形の濃褐紫斑(はん)ができる。雌雄同株。雄花序は秋に出現して、春の開葉前に開いて下垂する。雌花序は芽中に頭状につき、春、赤い花柱だけが芽の外に現れる。果実の総葉は緑色、厚質で毛が密生し、尾部は長く伸びて弓状に曲がる。中に堅果が1個ある。堅果は長さ8ミリメートルで食用になる。果実は、普通は2個が向き合ってつき、角(つの)状の包葉が目だつ。名は、この果実の形に由来する。北海道から九州までの山地に生える。[菊沢喜八郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のツノハシバミの言及

【ハシバミ】より

…北海道,本州,九州,朝鮮,中国大陸,ウスリー地方,アムール地方などの温帯域に分布する。 ツノハシバミC.sieboldiana Bl.(イラスト)は葉の先端が切形とならず,果実は長い筒状になった小苞に包まれる。セイヨウハシバミC.avellana L.はヨーロッパ原産で,その果実はヘーゼルナッツと呼ばれ,栽培されることもある。…

※「ツノハシバミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツノハシバミの関連キーワード赤四手あさだ瓜の木樺の木沢蓋木角榛二色空木西洋榛菓子箸

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone