ティクリート(英語表記)Tikrit

  • Tikrīt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラク中北部の都市。チグリス川西岸にあり,首都バグダードから北西約 160kmに位置する。 10世紀にはすでに有名な要塞や大規模なキリスト教修道院があり,町は毛織物の生産でもたらされたで繁栄した。 14世紀末チムールによるメソポタミア侵攻で破壊され往時面影を失ったが,20世紀に入って再び発展した。アイユーブ朝の始祖サラディン (1137/38~1193) ,イラクの元指導者サダム・フセイン (1937~2006) の生地として知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラク中部、サラーフ・アッディーン州の州都。タクリートTakrītともいう。バグダードから北西に直線距離160キロメートル(バグダードからティグリス川を遡(さかのぼ)ること230キロメートル)、ティグリス川右岸に位置する。人口2万8900(2002推計)。現在の住民は、少数のクルド人を除き、大多数がスンニー派(スンナ派)アラブ人である。イラクの元大統領サダム(サッダーム)・フセインの出身地であり、フセイン政権の強固な支持基盤であった。近代的な都市であり、市の南部にはティグリス川沿いに広大な大統領宮殿が、北部にはティクリート大学が、西部には鉄道駅がある。周辺には三つの空港がある。

 12世紀にティクリートを訪れたアラブ人旅行者イブン・ジュバイルは、広大な市域を有する大きな町で、市場は繁栄し、モスクの数も多いと述べている。アイユーブ朝の創始者であり、十字軍を撃破したサラーフ・アッディーン(サラディン)が生まれた土地としても有名である。しかし、14世紀末ティームール(ティムール)軍の攻撃により廃墟と化した。20世紀初頭になってもみすぼらしい泥壁の家が並ぶだけで、筏(いかだ)づくりを除けばこれといった産業はなかった(蒸気船時代にはティグリス川はバグダードまで小型蒸気船で航行できたが、バグダードから上流は筏を利用できるにすぎなかった)。この町がふたたび歴史の表舞台に現れるのは、フセインを含むこの地域の出身者がバース党と軍部の主要ポストを掌握してティクリート閥(ばつ)を形成して以降である。1976年にはティクリート地域は、サラーフ・アッディーン州という名称で独立した州となり、ティクリートに州都が置かれた。大規模な投資が行われ、近代的な都市に成長した。なお、フセイン政権崩壊後、アメリカ軍は地下に潜伏したフセインを指名手配したが、2003年12月になってティクリート近郊の農家で拘束した。

[吉田雄介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android