ティプー・スルタン(読み)てぃぷーするたん(英語表記)TipŪ Sultan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティプー・スルタン
てぃぷーするたん
Tip Sultan
(1750―1799)

インド、マイソールの国王(在位1782~99)。父王ハイダル・アリーの病死後即位し、父の方針を受け継ぎ、イギリスの植民地的侵略(マイソール戦争)に抵抗するかたわら、王国の富国強兵を目ざして近代的改革に乗り出した。たとえば、中央集権的官僚制度の整備、軍事制度の確立、郡県制の施行、農地改革、その他多くの改革を行った。当時のインドではまれにみる国際的視野にたった国家建設であったが、あまりに性急、強引なやり方に封建的勢力から反感も買った。一方、イギリスへの抵抗もマラータやハイデラバードからは相いれられず、第四次マイソール戦争で戦局不利となり、1799年戦死。墓廟(ぼびょう)はマイソール近郊の川中島のシュリーランガパトナム島にあり、父ハイダルとともに眠る。[上條安規子]
『渡辺建夫著『インド最後の王、ティプー・スルタンの生涯』(1980・晶文社) ▽上條安規子著『ティプ・スルタンの県・村支配』(『インド史における村落共同体の研究』所収・1976・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android