コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティマルー ティマルー Timaru

3件 の用語解説(ティマルーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティマルー
ティマルー
Timaru

ニュージーランド,サウス島の中部東岸の港湾都市クライストチャーチダニディンの中間,カンタベリー湾にのぞむ。主要輸出品は冷凍肉,羊毛,小麦粉,穀物,木材で,周辺の農牧業地帯を控えた商工業都市。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティマルー(Timaru)

ニュージーランド南島東部の港湾都市。クライストチャーチの南西約150キロメートルに位置する。19世紀半ばに捕鯨基地として入植が始まり、鯨油の輸出で発展。同地で産出する青みをおびた玄武岩を使用した、ビクトリア朝様式、エドワード朝様式の建物が多く残っている。美しい海岸線をもつキャロライン湾沿いに公園や遊歩道が整備され、木造の灯台がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティマルー
てぃまるー
Timaru

ニュージーランド南島東岸の港湾都市。クライストチャーチの南西約150キロメートルに位置する。人口4万1967(2001)。小麦・ヒツジ混合農業地帯の中心で、食肉加工、製粉などの工場がある。1859年に入植が始まり、1870年の港湾改修後に発展した。[浅黄谷剛寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティマルーの関連キーワードニュージーランド亜区ニューブライトンニュージーランド海驢ダニーデンとうほくニュージーランド村ニュージーランド学会ニュージーランドワインニュージーランドマアジニュージーランド・ポニー種 (New Zeal Land Pony)ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone