ティンターン・アベー(英語表記)Tintern Abbey

世界大百科事典 第2版の解説

イギリスにある修道院廃墟。1131年シトー会の修道院としてウェールズ地方グウェント州(旧,モンマスシャー)のワイ河岸に建立された。以後約2世紀の間に増築を重ね,14世紀初頭に最盛期を迎えるが,1349年のペスト(黒死病)流行に徐々に勢力が衰えはじめる。1536年から40年の間にヘンリー8世宗教改革一環として国内にあるすべての修道院が廃止され,その財産が没収された。いわゆる〈修道院の解散〉である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる