コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティーザー広告 ティーザーこうこく

大辞林 第三版の解説

ティーザーこうこく【ティーザー広告】

〔teaser は「じらすもの」の意〕
商品、あるいは商品名を隠したり、小出しにしたりして注意をひこうとする広告。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティーザー‐こうこく〔‐クワウコク〕【ティーザー広告】

teaser advertising》インターネットを利用した広告手法の一。公開前の製品やサービスについて、情報の露出を意図的に限定し、消費者の興味をかきたてようとするもの。ティーザーアプローチ。ティザー広告。じらし広告。覆面広告。→ティーザーサイトティーザートレーラー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティーザー広告
ティーザーこうこく
teaser advertising

広告主や商品名を伏せたままにして,見聞きする者が好奇心をいだくようにしむけた広告手法。teaseは「じらす」の意。消費者関心をひきつけるため,最初は会社名もブランド名も明らかにせず,続いて価格,商品特性,ブランド名,というように段階をふんでメッセージが完成するように仕組んだアプローチ方法をとる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティーザー広告
てぃーざーこうこく
teaser advertising

ティーズteaseは、じらす、悩ます、くすぐる、という意味。広告主や商品名を初めからわざと伏せて、不思議さや意外性で読者の注意をひこうとする広告のテクニックをティーザー・アプローチteaser approachといい、このティーザー・アプローチによってつくられた広告をいう。たとえば、キャンペーンにおいて、最初は会社名もブランド名も明らかにしないで読者の注意をひき、次に商品の特徴や値段を、最後にブランド名を発表する、というふうに、何回かのアプローチを仕組んで完了させる広告である。広告に対する注目度を高めるため、商品名を逆さに入れたり、テレビCMで靴下だけがとことこ歩いたりする広告のように、オヤッと思わせる不思議さをもった広告、人の好奇心に訴えかけて引っ張っていく広告も、ティーザー広告とよばれる。
 なお、ティーザー・アプローチは、もともとアメリカで頻繁に使われた技法で、1959年に自動車メーカーのフォード社が新車発売に際し用いて、有名になった広告方法。フォードは、新車エゼルの発売にあたり、最初は発売日だけを告知し、その後も段階的に情報を公開するだけで、発売当日になってやっと「ディーラーのショールームに見に行ってください」というにとどめたという。発売当日には、実にアメリカの人口の半分がフォードのショールームに出かけたといわれている。[伊藤誠二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ティーザー広告の関連キーワードティーザーアプローチ焦らし広告覆面広告小出し

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティーザー広告の関連情報