コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドルス2世 テオドルスにせい Theodorus II Lascaris

2件 の用語解説(テオドルス2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドルス2世
テオドルスにせい
Theodorus II Lascaris

[生]1222
[没]1258.8.
ニカイア帝国皇帝 (在位 1254~58) 。父ヨハネス3世の死後帝国の第3代の帝位についた。父と同じくてんかんの持病に苦しみながら帝国の領土維持に努めた。またニカイアを学問,芸術の中心地とし,その宮廷文化はコンスタンチヌス7世時代に匹敵するものであり,ビザンチン帝国の真の後継者たるにふさわしい繁栄をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

テオドルス2世
テオドルスにせい
Theodorus II

[生]?. ローマ
[没]897.12. ローマ
ローマ出身の第115代教皇(在位 897.12.)。登位したのは,「死体会議」に象徴される,教会史上でも混迷をきわめた時代だった。死体会議は,教皇ステファヌス6世(7世。在位 896~897)が教皇フォルモスス(在位 891~896)の墓を暴き,教皇位を無効としたうえ,冒涜したものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テオドルス2世の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone