コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオフィルス Theophilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオフィルス
Theophilus

[生]?
[没]842.1.20. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 829~842) 。ミカエル2世の息子。教養が高く,イスラム文化と芸術に傾倒,ハールーン・アッラシードの影響を受けた。また衰退していたコンスタンチノープル大学も再興。他方聖画像破壊令を支持し,違反者を厳罰に処した。バイキングとマジャール人に対抗し,北方の国境防衛に努め,また小アジアのテマ・パフラゴニア,カルディアなどの整備に努力した。しかしイスラムの侵攻を東西に受け,パレルモ (831) ,アンカラ (838) を失った。

テオフィルス
Theophilus

『諸芸提要』 De diversis artibus (1110~40頃) の著者として有名な,12世紀ベネディクト派のドイツ修道士。現在パデルボン大聖堂宝物庫にある携帯用祭壇を造った (1100) 修道士ヘルマルスハウゼンのロジェと同一人とする説もある。『諸芸提要』では絵画,ステンドグラス,金工などの技法を詳述し,ヨーロッパで初めて紙と油絵法についても言及している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テオフィルス【Theophilus Presbyter】

11世紀末から12世紀初頭にかけて活躍したドイツのベネディクト会修道士。生没年不詳。金工家ロゲルスRogerus von Helmarshausenと同一視されている。生涯は明瞭でないが,ヨーロッパ各国を旅行し,また各地方の種々のアトリエを訪問し,その結果を《諸技芸大要Diversarum artium schedula》にしたためた。この書は,絵具の製法,種々の絵画技法,ステンド・グラス製法,モザイク技法,金工細工などについて言及し,当時の技術,芸術技法を知るうえで貴重な文献になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

テオフィルスの関連キーワード絵画論・絵画史ミカエル3世聖画像論争ムータシム三位一体法学提要護教学ニエロ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android