コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオフィルス テオフィルスTheophilus

3件 の用語解説(テオフィルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオフィルス
テオフィルス
Theophilus

[生]?
[没]842.1.20. コンスタンチノープル
ビザンチン皇帝 (在位 829~842) 。ミカエル2世の息子。教養が高く,イスラム文化と芸術に傾倒,ハールーン・アッラシードの影響を受けた。また衰退していたコンスタンチノープル大学も再興。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

テオフィルス
テオフィルス
Theophilus

『諸芸提要』 De diversis artibus (1110~40頃) の著者として有名な,12世紀ベネディクト派のドイツ修道士。現在パデルボン大聖堂宝物庫にある携帯用祭壇を造った (1100) 修道士ヘルマルスハウゼンのロジェと同一人とする説もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テオフィルス【Theophilus Presbyter】

11世紀末から12世紀初頭にかけて活躍したドイツのベネディクト会修道士。生没年不詳。金工家ロゲルスRogerus von Helmarshausenと同一視されている。生涯は明瞭でないが,ヨーロッパ各国を旅行し,また各地方の種々のアトリエを訪問し,その結果を《諸技芸大要Diversarum artium schedula》にしたためた。この書は,絵具の製法,種々の絵画技法,ステンド・グラス製法,モザイク技法,金工細工などについて言及し,当時の技術,芸術技法を知るうえで貴重な文献になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

テオフィルスの関連キーワード阿保親王橘逸勢阿保親王橘逸勢承和イタリア語阿保親王岩沼恵運北川

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone