コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラクロロメタン tetrachloromethane

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テトラクロロメタン
てとらくろろめたん
tetrachloromethane

メタンCH4の水素原子4個を塩素で置換した化合物。通常四塩化炭素といい、このほうが普通に使われる。工業的には二硫化炭素に塩素を反応させてつくるが、メタンの塩素化も行われる。快香をもつ無色の液体。水に難溶。エタノール(エチルアルコール)から石油に至る多くの有機溶媒と任意の割合で混ざり合い、油脂類をよく溶かす。実験室で抽出用溶媒として用いられる。蒸気が重く不燃性なので消火剤として用いられたが、有毒なホスゲンCOCl2を生じるので、かわりにフルオロブロモメタンなどが使われる。フロンガスの製造原料となる。毒性が強く、蒸気を吸入したり皮膚吸収すると中毒をおこす。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のテトラクロロメタンの言及

【四塩化炭素】より

…メタンCH4の水素原子を全部塩素原子で置換した化合物。テトラクロロメタンともいう。化学式CCl4。…

※「テトラクロロメタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テトラクロロメタンの関連キーワードテトラクロロメタン(データノート)テトラクロロエチレン有機ハロゲン化物ジクロロメタンウィーン条約二硫化炭素オゾン層

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android