コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラコード テトラコード tetrachord

翻訳|tetrachord

3件 の用語解説(テトラコードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テトラコード
テトラコード
tetrachord

元来は古代ギリシアで四弦琴の意。転じて音楽の旋律のなかで,2個の安定した音があって,その2音が完全4度の音程関係をもつとき,この2個の音によってつくられる音階音の枠をいう。このテトラコードは音組織を体系化するうえでの基本的な単位として認識され,古代ギリシア音楽ばかりでなく,完全4度を音感の基本として有するすべての民族の音楽に適用されるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テトラコード(tetrachord)

四音音階。4個の音から成る音列で、古代ギリシャ音楽や諸民族音楽の音組織。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テトラコード
てとらこーど
tetrachord英語
Tetrachordドイツ語
ttracordeフランス語

音楽理論用語。テトラコルドともいう。語源は古代ギリシアの4弦琴をさすが、音楽理論用語としては完全4度の音程をなす2音間に二つの中間音をもつ4音音列を意味する。ただし、この中間音の位置は固定されたものではなく、その数もかならずしも二つとは限らない。古代ギリシアの場合、テトラコードは音組織の基本的な単位とされ、それを積み重ねることによって完全音組織(シュステマ・テレイオン)が形成された。アラブ音楽では、弦楽器ウードの音律を基本とした音組織が用いられたが、これは完全4度枠に三つの中間音をもつテトラコードの積み重ねによって体系化されていた。日本音楽では、1オクターブ内の二つの中心音(核音)が完全4度枠をなし、そこに一つの中間音を含むテトラコードで音組織が構成されているとみなされている。
 なお、中世以降の西洋音楽では、ヘクサコード(6音音階)が音組織の基本的単位となり、テトラコードはあまり重要視されなくなった。[黒坂俊昭]
『C・ザックス著、皆川達夫・柿木吾郎訳『音楽の起源――東西古代世界における音楽の生成』(1969・音楽之友社) ▽小泉文夫著『日本伝統音楽の研究――民謡研究の方法と音階の基本構造』(1958・音楽之友社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テトラコードの関連キーワードギリシャ語ギリシャ文字四弦琴ギリシア喜劇クレプシュドラオストラカギリシア科学フォティアディス《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone