テレマーク(英語表記)Telemark

翻訳|telemark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレマーク
Telemark

(1) クリスチャニアとともに初期ノルウェースキー術 (ノルディックスキー ) の代表的な回転および停止技術。回転する方向と逆の足を前に出し,それに体重を移して回転方向に向け,回転したあとは後ろ足をひきつけてそろえる。片足による美しい回転技術である。国際スキー連盟 FIS主催の世界選手権大会が開かれる。
(2) ジャンプで,着地する際に要求される姿勢飛型点の重要な要素。長い距離で姿勢を維持できた場合は高得点となる。反対に,姿勢がとれなかったり不安定な場合は減点対象になる。両手を水平に広げ,両足を前後に開いて,膝と足首を曲げながら着地の衝撃を和らげる。 (1) の回転スタイルからの呼称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テレマーク(telemark)

スキー創始期の代表的な滑降・回転技術。スキーを前後にずらし、深くひざを曲げる姿勢を基本とする。現在ではジャンプの着地姿勢などに用いる。ノルウェーの地名から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

テレマーク

ノルウェーで発達した初期のスキー回転技術。片方の脚の膝(ひざ)を深く曲げて(内スキー),もう一方の脚がつけている外スキーを思いきり前に出し,体重を内スキーから外スキーに移しながら回転する。テレマークはクリスティアニアオスロ古名で,同地で発達したスキー術もクリスチャニアと呼ぶ)西方約270kmの地方名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

テレマーク【Telemark】

〔ノルウェーの地名から〕
スキーで、両スキーを前後にずらして片方のひざを折り、腰を落として滑降・回転する技術。ジャンプ競技の着地にも用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテレマークの言及

【スキー】より

…19世紀にはいり,とくにノルウェーでは楽しみのためのスキーが非常な人気を集めて近代スキー発祥の地となる。首都クリスティアニア(オスロの古名)から西へ約270km,テレマーク地方のモルゲダールに住むノルトハイムSøndre Nordheimは,1840年ころ,斜面に着地するジャンプを試みるとともに,締具を改良して体重の移動によるターンを可能にし,急斜面でも深い雪でも自由に滑り降りた。68年には仲間らとクリスティアニアでその技術を披露し,片足を前に出して両膝を曲げた大半径のターンはテレマークの名で普及,1930年代まで使われた。…

※「テレマーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テレマークの関連情報