コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオメデス ディオメデス Diomēdēs

翻訳|Diomēdēs

4件 の用語解説(ディオメデスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオメデス
ディオメデス
Diomēdēs

トロイ戦争で活躍したとされるギリシア神話の英雄。テーベを攻めた7将の1人テュデウスの息子で,エピゴノイ一人として,父たちが失敗したテーベ攻略を果し,伯母または従姉妹にあたるアイギアレイアと結婚し,祖父のアドラストスの跡を継いでアルゴスの王となり,トロイ戦争には 80艘の船団を率いて参加し,アテナの助けでトロイ方に味方したアレスアフロディテに負傷させるなど,めざましい活躍をした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ディオメデス

ギリシア伝説の登場人物。(1)テュデウスの子で勇猛な英雄。アフロディテやアレスにも傷を負わせ,アテナ女神像(パラディオン)を盗みだしたり,オデュッセウスと共謀してトラキアレソスを討つなどトロイア戦争での大活躍は《イーリアス》に語られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ディオメデス【Diomēdēs】

(1)ギリシア伝説で,トロイア遠征のギリシア軍中,アキレウスに次ぐ勇将。テュデウスTydeusの子。ホメロスの《イーリアス》によれば,アルゴス兵を満載した軍船80隻を率いて出陣した彼は,アキレウスの一時的戦線離脱の間,ギリシア軍の大黒柱として奮戦,トロイア方の多数の将兵を討ったほか,女神アテナの助けを得て,軍神アレス,女神アフロディテにまで手傷を負わせた。ホメロス以後の伝承でも,彼はオデュッセウスと協力し,弓の名手フィロクテテスレムノス島からトロイアの戦地に連行したほか,城内のアテナ神殿からトロイアの命運がかかったパラディオン(アテナ女神像)を盗み出すなど,ギリシア軍の勝利に多大の貢献をなしたとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディオメデス
でぃおめです
Diomedes

(1)ギリシア神話の英雄。父はテバイ(テーベ)攻めの七将で有名なティデウスで、彼も第二次のいわゆるエピゴノイのテバイ遠征に参加している。トロヤ戦争では知勇兼備の将として活躍し、アキレウスに次ぐ勇士とされた。トロヤの英雄アイネイアスを討ち取ろうとするところを女神アフロディテに妨げられると、神といえども容赦せずに傷を負わせ、また戦いの神アレスさえも槍(やり)でその腹を突き破られて絶叫とともに逃げ去った。反面、トロヤ軍の将グラウコスと一戦を交えようとしたとき、互いに祖父同士が親しい間柄であったことを知ると、両人は盟友の誓いを固めて記念に鎧(よろい)を交換し別れた。彼はオデュッセウスと行動する場合が多い。トロヤ陣営のレソスとドロンを討ち、レムノス島へフィロクテテスを迎えに行き、またトロヤから神像パラディオンを盗み出した。(2)ギリシア神話のトラキアの王。父はアレスで、好戦的な蛮族ビストネスを支配していた。彼は人肉で飼育する四頭の凶悪な馬を飼っていたが、この馬を連れてくるように命じられたヘラクレスにより殺された。あるいはヘラクレスが、この馬に食わせたともいい、これはヘラクレスの第八番目の功業である。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のディオメデスの言及

【ヘラクレス】より

…島の王ミノスに協力を求めたが断られ,独力で捕らえて連れ帰った。(8)トラキア王ディオメデスDiomēdēsの人食い馬の生捕り。これはディオメデスが人肉を与えて飼っていた4頭の牝馬で,王はヘラクレスに殺されて馬の餌食にされた。…

【ヘラクレス】より

…島の王ミノスに協力を求めたが断られ,独力で捕らえて連れ帰った。(8)トラキア王ディオメデスDiomēdēsの人食い馬の生捕り。これはディオメデスが人肉を与えて飼っていた4頭の牝馬で,王はヘラクレスに殺されて馬の餌食にされた。…

※「ディオメデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディオメデスの関連キーワードアガメムノンイダスカルカスパラディオンパラメデスヘカベヘクトルヘレノス『イリアス』/『オデュッセイア』テレフォス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone