コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオーネ ディオーネDione

4件 の用語解説(ディオーネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディオーネ
Dione

土星衛星。 1684年に G.カッシーニが発見した。直径 1120km,密度 1.4で,岩石と水からできていると思われる。ボイジャー1,2号による探査により,この衛星にも多数のクレータのあることがわかった。ディオーネとほとんど同じ軌道をとるディオーネB (1980S6) という衛星もみつかっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ディオーネ(Dione)

土星の第4衛星。1684年にカッシーニが発見。名の由来はギリシャ神話の巨人。公転軌道を小型の2衛星(ヘレネポリデューシス)と共有し、これらはディオーネと土星が形成するラグランジュポイント上にある。直径は約1120キロ(地球の約0.09倍)。平均表面温度はセ氏マイナス190度。ディオネ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディオーネ

土星の第IV衛星。1684年にG.D.カッシニが発見。軌道半径37万7520km(土星半径の6.26倍),公転周期2.736915日。半径は560kmで,表面はクレーターの多い部分と少ない暗い部分があり,後者には輝条が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディオーネ【Dione】

土星の第IV衛星。1684年,J.D.カッシニによって発見された。軌道半径37万7390km(土星半径の6.29倍),公転周期2.736915日。半径560km,質量1.05×1024g(土星の1.85×10-6倍)。平均密度は1.43g/cm3チタンを除く土星の他の衛星より大きい。表面はクレーターの多い部分と少ない暗い部分があり,暗い部分には輝条が見られる。クレーターの最大のものは直径150km,クレーターのほとんどがはっきりした中央丘をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のディオーネの言及

【エンケラドス】より

…表面はクレーターの多い部分と少ない部分があるが,少ない部分には割れ目のような筋が見られる。またクレーターが溶けたような地形があり,これは1億年以内に土星とすぐ外側をまわっているディオーネの潮汐力によるひずみが熱エネルギーとして蓄えられ,表面を溶かしてできた地形と考えられる。【田中 済】。…

【土星】より

…粒子の密度が高いと互いに衝突して細かく砕かれるのであろう。 土星は昔から9個の衛星をもつことが知られており,Iミマス,IIエンケラドス,IIIテチス,IVディオーネ,Vレア,VIチタン,VIIヒペリオン,VIIIヤペタス,IXフェーベと呼ばれている。しかし,ボエジャーはさらに多くの衛星を発見または確認し(いくつかは地上で発見されていた),その総数は21~23となった。…

※「ディオーネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ディオーネの関連キーワード貞享稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代耳搔き稲葉正休河東節市法貨物仕法

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディオーネの関連情報