コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディスコ disco

翻訳|disco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディスコ
disco

原義はイタリア語・スペイン語で「レコード」の意。 1960年代のフランスで,バンドの代りにレコードを使用するダンスホールが「ディスコテーク」と呼ばれて流行したことから,70年代のアメリカで,ダンスのできる社交の場,およびそこで用いられるビートのきいたダンス音楽をさしてディスコというようになった。ディスコに集る若者たちを描いた映画『サタデー・ナイト・フィーバー』 (1977) の大ヒットもあって世界的なディスコ・ブームとなるが,ダンス音楽としては,やがて登場したヨーロッパのユーロ・ビート euro beat,アメリカのファンク funkやハウス houseなどに押され,これらが主流を占めるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディスコ(disco)

《元来は〈フランス〉discothèqueから》激しいリズムのレコード音楽などに合わせてダンスを楽しむ店。ディスコテーク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディスコ

本来,レコードを指す語が,生演奏ではなく,レコードに合わせて踊ることのできる若者向けの社交場を指すようになり,さらに転じて,踊りやすいように作られた音楽全般もいう。
→関連項目クラブ・ミュージックディスク・ジョッキーボウイリンガラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

ディスコ

正式社名「株式会社ディスコ」。英文社名「DISCO CORPORATION」。機械工業。昭和12年(1937)前身の「第一製砥所」創業。昭和15年(1940)有限会社化。同33年(1958)株式会社化。同52年(1977)現在の社名に変更。本社は東京都大田区大森北。産業機械製造会社。半導体・電子部品向け精密切断装置のシェア世界トップクラス。東京証券取引所第1部上場。証券コード6146。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディスコ【disco】

もとはイタリア語,スペイン語などで〈レコード〉を意味した(フランス語のディスクdisqueにあたる)。しかし1970年代後半から,ロックないしソウル系のダンス(ディスコ・ダンス),およびダンス向きに作られた音楽(ディスコ・ミュージック,ディスコ・サウンド)を指す言葉として広く使われるようになった。これは,1960年代にフランスで,ダンス・バンドの代りにレコードを使用するダンスホールを〈ディスコテークdiscoteque〉と呼んだことからきている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ディスコ【disco】

フランス discothèque の略〕
レコードでロック-ミュージックなどを流しダンスを楽しませる店。ディスコテーク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディスコ
でぃすこ
disco

DJ(ディスク・ジョッキー)がレコードやCDをかけ、その音楽で客を踊らせる喫茶店や酒場のこと。フランス語で円盤の意味のディスクdisqueがレコードの意味となり、レコード室がディスコテークdiscothqueとなり、さらにそれがレコード室の意味を離れ、ディスコとなった。第二次世界大戦中、ジャズが禁止されていたナチス占領下のパリで、若者が地下倉庫で密かにレコードをかけて踊っていたのが、ディスコの始まりといわれている。ディスコの本格的な流行は1973~74年ごろアメリカにおこった。ベトナム戦争やオイル・ショックのなかで若者のストレス発散の場となりえたからである。とくに黒人によるリズミカルなソウル・ミュージックがディスコを通じて流行していった。ディスコを舞台にした映画『サタデー・ナイト・フィーバー』の公開(1978)を機に爆発的かつ世界的な広がりをみせた。日本でも70年代後半から流行して、10代と20代前半の若者層を中心に、奇抜な髪型やファッションに代表されるさまざまなディスコ風俗やディスコ文化を生み出した。とくに80年代後半のいわゆるバブル経済期には全盛を迎え、多人数の客の踊る大規模なディスコが大都市を中心に全国的に流行した。
 1990年代以降は、ディスコにかわってクラブという呼称が一般的に使われるようになり、従来のディスコとは異なって比較的少人数の客を相手にする小規模な店が増えている。音楽のジャンル別に専門のDJがおり、それぞれのDJを目当てに客が集まることも多い。クラブでは、DJのパフォーマンス(演出)と踊っている客とでつくりだす店の雰囲気が重視されており、そこからテクノやハウスといった独自のリミックス(編集・合成)によるクラブ・ミュージック、ラップやヒップ・ホップなど新しいクラブ文化が生み出されている。現在でもディスコはクラブと名前を変えながらも、新たな若者文化を発信し続けているのである。[安達正嗣]
『野田努編『クラブ・ミュージックの文化誌――ハウス誕生からレイヴ・カルチャーまで』(1993・JICC出版局) ▽野田努著『ブラック・マシン・ミュージック――ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ』(2001・河出書房新社) ▽アラン・ライト編、「ブラスト」編集部監修『ヒストリー・オブ・ヒップ・ホップ』(2002・シンコー・ミュージック)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディスコの関連キーワードバリライト/スターライト<照明/ステージ用語>サウンド・システム[sound system]ディスク・ジョッキー[disc jokey]エモーショナル・レスキューラヴィン・ユー・ベイビーソウル・トレインのテーマキャンディス ブシュネルフィラデルフィアサウンドdisc jockeyディスコ[disco]ディスコミュージックジョルジオ モロダー恋のナイトフィーバーハウス・ミュージックステイン・アライヴザッツ・ザ・ウェイシャルル デロネークラブミュージックバーボンストリート愛はきらめきの中に

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディスコの関連情報