コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディフェンバキア ディフェンバキアDieffenbachia; dumb cane; dumb plant; mother-in-law's tongue plant

4件 の用語解説(ディフェンバキアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディフェンバキア
ディフェンバキア
Dieffenbachia; dumb cane; dumb plant; mother-in-law's tongue plant

サトイモ科の1属。和名シロガスリソウ。熱帯アメリカに 20~30種が分布する。長楕円形の葉が互生する常緑多年草。大型種は 2mに達することもある。葉のつけ根の葉鞘 (ようしょう) が,円柱状で多肉質の茎を包む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ディフェンバキア(〈ラテン〉Dieffenbachia)

サトイモ科の多年草。熱帯アメリカ原産。観葉植物として栽培される。葉は大きな卵形で、緑の地に黄色や白のさまざまな模様が入る。ドイツの植物学者E=ディーフェンバッハの名にちなむ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ディフェンバキア【Dieffenbachia】

サトイモ科ディフェンバキア属(シロガスリソウ属)Dieffenbachiaは,熱帯アメリカに約30種が分布している。常緑多年草で,汁液を口にするとあくが強く,口もきけないほどの激しい疼痛(とうつう)が起こるところから,dumb caneとかmother‐in‐law plantの英名がある。生育が旺盛で,日陰でも耐えるので,観葉植物として多くの品種が栽培されている。寒さには弱く,冬も15℃以上が望ましい

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ディフェンバキア【Dieffenbachia】

サトイモ科ディフェンバキア属の常緑多年草。観葉植物とされる。熱帯アメリカに約30種が分布。茎は直立し、高さ1メートル 以上になる。葉は柄が太く、長楕円形または卵円形。斑点や大理石模様がはいる。汁液は有毒。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone