コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディフェンバキア Dieffenbachia; dumb cane; dumb plant; mother-in-law's tongue plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディフェンバキア
Dieffenbachia; dumb cane; dumb plant; mother-in-law's tongue plant

サトイモ科の1属。和名シロガスリソウ。熱帯アメリカに 20~30種が分布する。長楕円形の葉が互生する常緑多年草。大型種は 2mに達することもある。葉のつけ根の葉鞘 (ようしょう) が,円柱状で多肉質の茎を包む。園芸品種も多く,葉に白や淡黄色の細かい斑紋 (はんもん) や縞斑をもつ葉色の美しい種類が,観葉植物として鉢栽培される。切り口から出る液汁は有毒成分を含み,口に入るとしびれて話すことができなくなるため,唖甘蔗 (あかんしょ) ,英名ダム・ケーン (物を言えない茎) の呼称もある。高温多湿を好む。真夏以外は,葉焼けしない程度に日に当てたほうが株が締まる。冬期は水を控え目にして 10℃以上に保つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディフェンバキア(〈ラテン〉Dieffenbachia)

サトイモ科の多年草。熱帯アメリカ原産。観葉植物として栽培される。葉は大きな卵形で、緑の地に黄色や白のさまざまな模様が入る。ドイツの植物学者E=ディーフェンバッハの名にちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ディフェンバキア【Dieffenbachia】

サトイモ科ディフェンバキア属(シロガスリソウ属)Dieffenbachiaは,熱帯アメリカに約30種が分布している。常緑多年草で,汁液を口にするとあくが強く,口もきけないほどの激しい疼痛(とうつう)が起こるところから,dumb caneとかmother‐in‐law plantの英名がある。生育が旺盛で,日陰でも耐えるので,観葉植物として多くの品種が栽培されている。寒さには弱く,冬も15℃以上が望ましい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ディフェンバキア【Dieffenbachia】

サトイモ科ディフェンバキア属の常緑多年草。観葉植物とされる。熱帯アメリカに約30種が分布。茎は直立し、高さ1メートル 以上になる。葉は柄が太く、長楕円形または卵円形。斑点や大理石模様がはいる。汁液は有毒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ディフェンバキアの関連キーワードアグラオネマ卵円形斑点

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android