コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディフェンバキア ディフェンバキア Dieffenbachia; dumb cane; dumb plant; mother-in-law's tongue plant

4件 の用語解説(ディフェンバキアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディフェンバキア
ディフェンバキア
Dieffenbachia; dumb cane; dumb plant; mother-in-law's tongue plant

サトイモ科の1属。和名シロガスリソウ。熱帯アメリカに 20~30種が分布する。長楕円形の葉が互生する常緑多年草。大型種は 2mに達することもある。葉のつけ根の葉鞘 (ようしょう) が,円柱状で多肉質の茎を包む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディフェンバキア(〈ラテン〉Dieffenbachia)

サトイモ科の多年草。熱帯アメリカ原産。観葉植物として栽培される。葉は大きな卵形で、緑の地に黄色や白のさまざまな模様が入る。ドイツの植物学者E=ディーフェンバッハの名にちなむ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ディフェンバキア【Dieffenbachia】

サトイモ科ディフェンバキア属(シロガスリソウ属)Dieffenbachiaは,熱帯アメリカに約30種が分布している。常緑多年草で,汁液を口にするとあくが強く,口もきけないほどの激しい疼痛(とうつう)が起こるところから,dumb caneとかmother‐in‐law plantの英名がある。生育が旺盛で,日陰でも耐えるので,観葉植物として多くの品種が栽培されている。寒さには弱く,冬も15℃以上が望ましい

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ディフェンバキア【Dieffenbachia】

サトイモ科ディフェンバキア属の常緑多年草。観葉植物とされる。熱帯アメリカに約30種が分布。茎は直立し、高さ1メートル 以上になる。葉は柄が太く、長楕円形または卵円形。斑点や大理石模様がはいる。汁液は有毒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディフェンバキアの関連キーワードゾーンディフェンスディフェンスラインディフェンダーディフェンシブディフェンシブ銘柄fサインディフェンスディフェンダークロニクルズディフェンバキア・アモエナディフェンバキア・エルステディイディフェンバキア・マクラタ