コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディモルフォセカ ディモルフォセカ Dimorphotheca; Cape marigold

5件 の用語解説(ディモルフォセカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディモルフォセカ
ディモルフォセカ
Dimorphotheca; Cape marigold

キク科の一年草または多年草で,南アフリカに分布する。鉢花として特に人気があり,切り花にも利用される。ディモルフォセカとして流通するものには,オステオスペルマムOsteospermumに分類されるものも含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディモルフォセカ(〈ラテン〉Dimorphotheca)

キク科の一年草または多年草。南アフリカ原産。春、光沢のある白・橙色(だいだいいろ)の花をつける。日が陰ると花を閉じる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ディモルフォセカ

アフリカキンセンカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ディモルフォセカ【Cape marigold】

南アフリカに7種あるキク科の草本植物であるが,花壇や切花や鉢植えに栽培されているのは,アフリカキンセンカD.sinuata DC.(=D.aurantiaca Hort.non DC.)の改良種で,一年草として取り扱われる。この種は草丈は30cm,葉は細長く鈍い鋸歯があり,1株数十本に分枝して,その先に径4cmの頭花を単生する。中心は管状花。まわりの舌状花は15枚程度,橙紅色または淡黄色で光沢があり,基部に漆黒色の斑紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディモルフォセカ
でぃもるふぉせか
cape marigold
[学]Dimorphotheca

キク科の半耐寒性一年草または多年草。南アフリカに7種自生し、英名はケープマリーゴールド、和名はアフリカキンセンカ。茎は高さ25~60センチメートル。5~6月、茎頂に頭状花を開く。花壇または切り花用に栽培する。一年草にはプルビアーリス種とシヌアータ種および両種の自然雑種と考えられるアウランティアカ種(自生地では多年草)がある。プルビアーリス種は、花は径2.5~5センチメートル、上面は白色で下面は紫色を帯びる。シヌアータ種は、花は径3~4センチメートル、橙黄(とうこう)色で中心は紫色。アウランティアカ種は、花は径5~6センチメートル、橙黄色で花弁基部は紫色を帯びる。多年草にはクリサンテミフォーリア種とエクローニス種がある。クリサンテミフォーリア種は、花は径3~4センチメートル、黄色。エクローニス種は、花は径6センチメートル、白色で花弁基部は青色。[植村猶行]

栽培

日当りと排水のよい、腐植質に富む砂質土でよく育つ。9月から10月上旬に播種(はしゅ)し、一度鉢などに移植し、フレーム内で越冬させ、春に定植する。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディモルフォセカの関連キーワードブリンクガーベラ南アフリカ戦争ネメシアアフリカ象ホワイトアフリカ南アフリカ南アフリカ連邦アフリカキンセンカ草本植物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone