コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディモルフォセカ Dimorphotheca; Cape marigold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディモルフォセカ
Dimorphotheca; Cape marigold

キク科一年草または多年草で,南アフリカに分布する。鉢花として特に人気があり,切り花にも利用される。ディモルフォセカとして流通するものには,オステオスペルマム属 Osteospermumに分類されるものも含まれる。いずれも頭状花が茎頂に単生し,直径は4~7cm。基部に濃色の蛇の目模様をもつものが多い。花色は輝くような光沢のある橙色,黄色系のものと,白色あるいは紫色系のものに分けられる。草丈は種類により 15~60cm。日当りと水はけのよい環境を好む。白色や紫色の花を咲かせる宿根性の種類は,無霜地帯であれば露地栽培も可能。晴天時に開花し,天候が悪かったり,日がかげると閉じる性質がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ディモルフォセカ(〈ラテン〉Dimorphotheca)

キク科の一年草または多年草。南アフリカ原産。春、光沢のある白・橙色(だいだいいろ)の花をつける。日が陰ると花を閉じる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディモルフォセカ

アフリカキンセンカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディモルフォセカ【Cape marigold】

南アフリカに7種あるキク科の草本植物であるが,花壇や切花や鉢植えに栽培されているのは,アフリカキンセンカD.sinuata DC.(=D.aurantiaca Hort.non DC.)の改良種で,一年草として取り扱われる。この種は草丈は30cm,葉は細長く鈍い鋸歯があり,1株数十本に分枝して,その先に径4cmの頭花を単生する。中心は管状花。まわりの舌状花は15枚程度,橙紅色または淡黄色で光沢があり,基部に漆黒色の斑紋がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディモルフォセカ
でぃもるふぉせか
cape marigold
[学]Dimorphotheca

キク科の半耐寒性一年草または多年草。南アフリカに7種自生し、英名はケープ・マリーゴールド、和名はアフリカキンセンカ。茎は高さ25~60センチメートル。5~6月、茎頂に頭状花を開く。花壇または切り花用に栽培する。一年草にはプルビアーリス種とシヌアータ種および両種の自然雑種と考えられるアウランティアカ種(自生地では多年草)がある。プルビアーリス種は、花は径2.5~5センチメートル、上面は白色で下面は紫色を帯びる。シヌアータ種は、花は径3~4センチメートル、橙黄(とうこう)色で中心は紫色。アウランティアカ種は、花は径5~6センチメートル、橙黄色で花弁基部は紫色を帯びる。多年草にはクリサンテミフォーリア種とエクローニス種がある。クリサンテミフォーリア種は、花は径3~4センチメートル、黄色。エクローニス種は、花は径6センチメートル、白色で花弁基部は青色。[植村猶行]

栽培

日当りと排水のよい、腐植質に富む砂質土でよく育つ。9月から10月上旬に播種(はしゅ)し、一度鉢などに移植し、フレーム内で越冬させ、春に定植する。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ディモルフォセカの関連キーワードOsteospermumデモルフォセカ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android