コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーゼル船 ディーゼルせん diesel boat

2件 の用語解説(ディーゼル船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーゼル船
ディーゼルせん
diesel boat

第1次世界大戦後,蒸気機関よりも小型で経済的なエンジンとして実用化されたディーゼル機関で推進する船。 1930年以後は,高速を要求される軍艦や一部の高速客船を除くと,ほとんどの商船,漁船などがディーゼル機関を装備するようになり,今日では小は 10t未満の小型漁船から,大は 50万tの超大型タンカーにいたるまでディーゼル船化しているほど,圧倒的な普及を示している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディーゼル船
でぃーぜるせん

ディーゼル機関で推進する船。20世紀の初頭、ディーゼル機関が航洋船に採用されて以来、ディーゼル船はタービン船と対抗する形で普及してきた。ディーゼル船の利点は、タービン船に比べて燃料消費量、主機関の重量および機関室の容積が小さいことで、欠点は船体の振動が大きいことであった。その後、小型・軽量の中速ディーゼル機関の開発が進み、現在では中・小型船はほとんどディーゼル機関で推進されている。大型船の分野ではディーゼル船がやや有利という形勢が続いたが、第一次および第二次のオイル・ショック以後、ディーゼル機関の燃料消費率の向上が目覚ましく、ディーゼル船の優位性が定着したようである。しかし、最近の原子力艦船、ホバークラフト水中翼船、帆走商船など新型式船舶の就航や電磁ジェット推進船の研究などによって、ディーゼル船、タービン船という区別はその意義を失いつつある。[森田知治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディーゼル船の関連キーワードウィンダムセイム外燃機関世界大戦福祉社会BIS(Bank for International Settlements)国際決済銀行(BIS:Bank for International Settlements)蒸気機関車C62《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディーゼル船の関連情報