コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デファクト・スタンダード de facto standard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デファクト・スタンダード
de facto standard

市場競争を通して決められる事実上業界標準をいう。国際標準化機構 (ISO) や日本工業規格 (JIS) など,政府や公的機関によって制定される公的標準に対する呼び方。従来の公的標準は制定に時間がかかりすぎ,現代の技術革新のスピードについていけない。そこでパソコンや情報機器の業界では互換性の高い機種を業界標準とし,それを普及させることで結果的に公的標準に認定されるという経過をたどることになる。コンピュータの基本ソフト「ウィンドウズ」や次世代光ディスクの DVDなどがその典型である。業界支配をもたらすデファクト・スタンダードとなるためには,技術力だけでなく企業戦略としての政治力も重要になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

デファクト・スタンダード

公的な標準化機関が認証したか否かにかかわらず、パソコンの基本ソフトWindowsやビデオのVHS方式のように市場の大勢を占めるに至った事実上の標準ないしは規格のこと。これに対して、ISO(国際標準化機構)やJIS(日本工業規格)などの公的標準化機関による規格のことをデジュア・スタンダード(de jure standard:公的標準)という。デファクト・スタンダードを獲得する利点は、販売や特許から大きな収入が期待できること、生産規模増大によるスケールメリット、さらには、輸出相手国に合わせて異なる生産体制をとる必要がなくなる点などがある。逆に、マイクロソフト社のように市場の独占度が高まることで競争法の適用対象となったり、製品の多様性が極端に失われたりすることなどが、デメリットとして指摘される。

(高橋郁夫 慶應義塾大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

とっさの日本語便利帳の解説

デファクト・スタンダード

事実上の標準。公的機関が定めた標準ではなく、特定の製品や規格が、事実上の標準として通用すること。〈活用例〉ビデオにおけるVHSのようなデファクト・スタンダードは、企業の永続性を保証する

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

デファクト・スタンダード

「事実上の標準」と訳される。 JISやISOように、公的機関によって公式に定められた標準ではなく、民間企業における独自の製品や規格が、事実上その業界の標準として通用していることをいう。 実例としては、ビデオデッキにおけるVHSや、パソコン業界における「ウィンテル」などが有名。 デファクトスタンダードは、技術革新の早い時代において競争優位に立つための重要な戦略要素でもある。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

デファクト・スタンダードの関連キーワードデジュアリー・スタンダード

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android