デフレスパイラル(読み)でふれすぱいらる(英語表記)deflationary spiral

日本大百科全書(ニッポニカ)「デフレスパイラル」の解説

デフレスパイラル
でふれすぱいらる
deflationary spiral

需要減退→物価下落→企業採算悪化→リストラによる人員整理→所得減少→さらなる需要減退という形でデフレが進行すること。1990年代前半に「価格破壊」という言葉が流行したが、それは価格が高すぎるから需要が少なく景気が悪いので、デフレによって価格が下がれば需要が増加して好況に戻るとみていたものである。デフレを市場メカニズム(価格の需給をバランスさせる機能)による一時的現象とみたもので、それ以後の不況はデフレスパイラルとみるのが正しいであろう。

[一杉哲也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「デフレスパイラル」の解説

デフレ‐スパイラル

deflationary spiralから》物価下落と利益減少が繰り返される深刻な状況。デフレによる物価の下落で企業収益が悪化、人員や賃金が削減され、それに伴って失業の増加、需要の減衰が起こり、さらにデフレが進むという連鎖的な悪循環のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android