コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デミアン デミアンDemian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デミアン
Demian

ドイツの詩人,作家 H.ヘッセの小説。 1919年刊。少年シンクレールは,級友デミアンを通して,人生の暗い世界の意義を知るようになり,善悪を包摂する神アブラクサスを予感する。また,人類の母イブを思わせるデミアンの母から,自己の願いに忠実な生き方を教えられる。新生に伴う崩壊を象徴する第1次世界大戦で負傷したシンクレールは,瀕死の床でデミアンと邂逅し,真の自己自身を見出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デミアン(Demian)

ヘッセ長編小説。1919年、匿名で発表。主人公シンクレールが、神秘的な少年デミアンを通して真の自己を発見していく過程を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デミアン
でみあん
Demian

ドイツの作家ヘルマン・ヘッセの長編小説。1919年、第一次世界大戦で重傷を負った青年の遺稿の形で発表された教養小説。初め匿名にしたのは、作者が自分の過去を清算し、新しい方向を目ざす意図からである。主人公シンクレールは、神秘的な力をもつデミアンや、その母親で理想の女性エバ夫人の導きによって、心奥に無限の世界をみつけ、自分の道と運命を認識する。中心的なテーマとしてニーチェの教義「汝(なんじ)自身になれ」が強調され、精神分析学やアジア的英知も織り込まれる。この作品は、敗戦直後のドイツの青年層に熱狂的に迎えられ、わが国でも数十年来、つねに多くの愛読者をもってきた。[藤井啓行]
『『デミアン』(高橋健二訳・新潮文庫/実吉捷郎訳・岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デミアンの関連キーワードヘッセ(Hermann Hesse)ハースト(Damien Hirst)ヘルマン ヘッセアコーディオンイギリス美術ドイツ文学ネオ・ジオ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デミアンの関連情報