コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュモン・デュルビル デュモン・デュルビル Dumont d'Urville, Jules Sébastien César

2件 の用語解説(デュモン・デュルビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュモン・デュルビル
デュモン・デュルビル
Dumont d'Urville, Jules Sébastien César

[生]1790.5.23. コンデシュルノアロー
[没]1842.5.8. ムードン近郊
フランス海洋探検家。特に南太平洋 (1826~29) と南極地方 (37~40) への探検で著名。 1822年世界一周遠征に参加,26年南太平洋の諸島を歴訪。それまでの地図を大幅に修正すると同時に,その地域の群島をメラネシアミクロネシアマレーシアポリネシアと再命名した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュモン・デュルビル

フランスの航海家。1819年―1820年東地中海を調査中に出土した〈ミロのビーナス〉像の重要性を主張,その保存に尽力。1826年―1829年探検家ラ・ペルーズを捜索しながら世界一周航海,1837年―1840年に第2回の世界周航を行った。
→関連項目南極大陸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のデュモン・デュルビルの言及

【ウィルクス・ランド】より

…東経136~142゜のテール・アデリーTérre Adélie(アデリー・コースト)をフランスが領土権を主張し,他はオーストラリアが領土権を主張している。沿岸に露岩地域は少なく,1981年現在ケーシーCasey(南緯66.3゜,東経110.5゜,オーストラリア),デュモン・デュルビルDumont d’Urville(南緯66.6゜,東経140゜,フランス)の両越冬基地がある。ここから内陸部へかけての調査はあまり多くない。…

※「デュモン・デュルビル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デュモン・デュルビルの関連キーワードアンシュルスゲレンデシュプルングシュルントマッシュルームカットコンシュルタンシュルデシュティベルクシュルントヒマチャルプラデシュソーシュル石斑糲岩

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone