コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デューディリジェンス デューディリジェンス due diligence

2件 の用語解説(デューディリジェンスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デュー‐ディリジェンス(due diligence)

《「デューデリジェンス」とも》不動産投資やM&Aなどの取引に際して、投資対象となる資産の価値・収益力・リスクなどを経営・財務・法務・環境などの観点から詳細に調査・分析すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デューディリジェンス
でゅーでぃりじぇんす
due diligence

「相当の注意・配慮」と直訳されるが、ここではM&A(企業の合併・買収)に際して対象会社の実態を把握することで、合併に向けて障害となる問題の有無などを調査検討することを意味する。広義には、M&A以外の場でも同様の作業をデューディリジェンスとよぶ。
 具体的には、財務、法務、経営の三つの視点から監査を実施することが一般的である。財務監査(財務デューディリジェンス)では、財務諸表を分析素材に、対象企業(連結子会社、連結決算上持分(もちぶん)法が適用される持分法適用会社を含む)の健全性を評価する。法務監査(法務デューディリジェンス)では、法令遵守状況や法的リスク(係争案件の有無や潜在的なリスク)などがチェックされる。さらに経営監査(ビジネス・デューディリジェンス)では、企業の経営資源の実態把握と将来性などの評価が試みられる。実際の作業は買収側の担当者が実施するほか、場合によっては外部の会計事務所、弁護士事務所、経営コンサルタントなどの専門家が携わることもある。
 これらは相互に補完しあいながら、M&A実施の可否、実施するM&Aの方法、M&A費用の算定など、M&Aを巡るさまざまな意思決定に影響を及ぼすと同時に、合併後の経営計画策定にも重要な情報となる。[高橋 元]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デューディリジェンスの関連キーワードデューデリジェンスパリジェンヌJREIT人事デューデリジェンス不動産投資信託(J―REIT)エンジニアリングレポート Engineering Reportデューデリジェンス Due Diligence財務デューデリジェンスビジネスデューデリジェンス法務デューデリジェンス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デューディリジェンスの関連情報