デューデリジェンス

株式公開用語辞典「デューデリジェンス」の解説

デューデリジェンス

デューデリジェンス(でゅーでりじぇんす)とは、日本語訳で適正評価手続きのこと。投資家が投資をおこなう、もしくは金融機関が引受業務をおこなう際に、投資対象のリスクリターンを適正に把握するために事前におこなう、一連調査のこと。たとえば、次のような手続きをデューデリジェンスと呼ぶ。証券発行の引受の場合、引受人が発行体の財務の安定性などを詳細に確認する手続きのこと。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

M&A用語集「デューデリジェンス」の解説

デューデリジェンス

精査買収前に行う買収対象企業の調査のこと。公認会計士弁護士などが、買収対象企業の事業リスク、財務状況、事前情報との照合等を調査する。中小企業のM&Aにおいても、最終的な買収価格、買収条件の決定や買収の可否のため、実施されることがほとんどである。デューデリともいう。

出典 M&A OnlineM&A用語集について 情報

会計用語キーワード辞典「デューデリジェンス」の解説

デューデリジェンス

買収前に行う買収対象企業の調査のことです。公認会計士、弁護士などが、買収対象企業の事業リスク、財務状況、事前情報との照合等を調査します。中小企業のM&Aにおいても、最終的な買収価格、買収条件の決定や買収の可否のため、ほぼ実施されています。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

不動産用語辞典「デューデリジェンス」の解説

デューデリジェンス

不動産に関するデューデリジェンスとは、不動産の購入者・投資家が、対象不動産に関する、法的・経済的・物理的なリスクや経済的予測の把握の為に、事前に調査を行う事を言う。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「デューデリジェンス」の解説

デューデリジェンス

不動産投資やM&Aの際に、企業の資産価値を適正に評価する手続き。企業の収益性やリスクなどを総合的かつ詳細に調査してその価値を査定する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android