デン・ヘルデル(読み)でんへるでる(英語表記)Den Helder

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デン・ヘルデル
でんへるでる
Den Helder

オランダ北西部、ノールト・ホラント州北部の都市。人口5万9822(2001)。ワッデン海から北海への出口にあたるマルスディープ水道に面する。オランダ海軍の軍港として、また北海漁場の漁港、テセル島への連絡港として知られる。もと漁村であったが、ナポレオンが「北方のジブラルタル」とよんで要塞(ようさい)化した。1825年のノールト・ホラント運河の開通でアムステルダムの外港となったが、北海運河の開通後はその地位をアイモイデンに奪われた。王立海軍大学や海軍博物館、気象研究所、自然保護区があり、観光・保養地でもある。第三次イギリス・オランダ戦争時に、この沖合いで1673年、トロンプCornelis Tromp(1629―91)、デ・ロイテルMichiel A. de Ruyter(1607―76)両提督麾下(きか)のオランダ艦隊が英仏連合艦隊を破った。

[長谷川孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例