気象研究所(読み)きしょうけんきゅうじょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気象研究所
きしょうけんきゅうじょ

気象庁の付属研究機関。元来,気象庁は研究所的色彩が強い機関であったが,さらに研究を強化するため 1942年に研究部を設けた。この研究部は第2次世界大戦後,陸軍気象部の施設を継承して実験研究に力を入れ,1947年に現名称の付属機関となった。予報,台風,物理気象,応用気象,気象衛星・観測システム,地震火山,海洋気候,地球化学の 9研究部からなる。研究の成果は気象研究所研究報告『Papers in Meteorology and Geophysics』で報告される。1980年に,東京都杉並区から茨城県つくば市に移転した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

気象研究所
きしょうけんきゅうじょ

気象庁の施設等機関で筑波(つくば)研究学園都市にある。職員数約180。九つの研究部(予報、台風、物理気象、環境・応用気象、気象衛星観測システム、地震火山、海洋、気候、地球化学)があり、その研究は気象業務の進歩に貢献している。高さ213メートルの観測鉄塔、風速と気温の鉛直分布を調節できる風洞、雪片や雨滴の成長実験ができる鉛直風洞のある低温実験室、地震活動総合処理装置、ライダーなどの施設がある。[安田敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気象研究所の関連情報