コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥデブ トゥデブ Tüdew, Lodonggijn

2件 の用語解説(トゥデブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥデブ
トゥデブ
Tüdew, Lodonggijn

[生]1935. ゴビアルタイ
モンゴルの作家。現代モンゴル文学を代表する作家。牧民の家に生れた。 1956年に国立教育大学を卒業後,67年モスクワに留学,言語,文学博士候補生の称号を得た。『移動』『山の洪水』『北極星は方位を教える』などは,多くのモンゴル大衆に愛読され,ロシア語にも翻訳されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥデブ
とぅでぶ
Лодонгийн Тудэв Lodongiyn Tudev
(1935― )

モンゴルの作家。モンゴル南西部、ゴビ・アルタイ県の牧民の家に生まれる。1950年から創作を始めた。作品には民族の自由と独立、社会の変革と平和のための闘争を主題として描かれたものが多い。長編小説『山つなみ』(1959~65)、『遊牧』(1964)のほか『無名の高地』(1968)、『秘密ならぬ秘密』(1979)などがある。ミャグマル、エルデネと並んで、現代モンゴル文学を代表する作家で、児童文学者としても知られ『不滅の火』(1979)がある。1967年、国家大賞を受賞した。1990年の民主化後、自ら新聞社「デル」を創設し、健筆をふるう。[荒井伸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥデブの関連キーワードアルタイモンゴル高原モンゴリア林檎病戈壁ゴビ灘セゴビア大聖堂アルタイ[山脈]ゴビ・アルタイモンゴル・アルタイ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone