コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウギョ(闘魚) トウギョ

百科事典マイペディアの解説

トウギョ(闘魚)【トウギョ】

キノボリウオ科の闘争性が強い魚類の総称。観賞用に飼育されるものも多い。台湾原産のタイワンキンギョ,朝鮮半島原産のチョウセンブナなどが知られ,体長はともに10cm未満。
→関連項目パラダイスフィッシュ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウギョ【トウギョ(闘魚) fighting fish】

スズキ目キノボリウオ科の闘争性の強い魚の総称。タイ原産のベタBetta splendens(イラスト)が代表的だが,近縁種にも闘争性の強いものがある。トウギョ属のタイクンキンギョMacropodus opercularis,チョウセンブナM.chinensis(イラスト)などがその仲間で,英名をparadise fishという。アジアからヨーロッパにもっとも早く入った観賞魚の一つで,たいへん美しいと評価されたらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トウギョ(闘魚)の関連キーワードトウギョ属

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android