コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べた ベタ

デジタル大辞泉の解説

べた

[名・形動]
すきまなく物が並んでいること。一面に広がっていること。また、そのさま。「べたに塗りたくる」「今週はべたに予定が詰まっている」
印刷用の絵や漫画などで、単色(主に黒色)で塗りつぶすこと。また、網点(あみてん)印刷で、網点面積が100パーセントの状態。「べたを入れる」
俗に、ひねりがなく、面白味に欠けるさま。「べたな駄じゃれ」
べた焼き」の略。「べたで焼く」
べた組み」の略。「ぎっしりべたで組む」
名詞、また名詞に準じる語の上に付いて、すっかり、完全に、などの意で、下の動作を強める言い方。「べたぼめ」「べた惚れ」「べた凪(なぎ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べた

( 形動 )
すきまのないさま。一面に広がっているさま。 「一寸見当の付かないものが-に描いてある/草枕 漱石
名詞またはそれに準ずる語の上に付いて、「すきまのないさま」「すっかり」「すべて」などの意を表す。 「 -惚れ」 「 -ぼめ」 「 -一面」 「 -凪なぎ
表現がありきたりで陳腐なさまを俗にいう。 「 -な表現」
( 名 )
「べた組み」の略。
「べた焼き」の略。
出版物の版下などで、絵の黒く塗りつぶした部分。また、黒く塗りつぶすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

べたの関連キーワード佐賀県西松浦郡有田町黒牟田丙大分県豊後大野市三重町赤嶺コンタクトプリント聞き上手・聞上手浮き構造・浮構造頬っ辺・頰っ辺すばる(昴)述べ立てる高森古墳群机を並べるべたっとべた遅れ土ふまずべた記事口不調法尻っぺた大林宣彦村田三介赤塚古墳根切り

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べたの関連情報