べた

精選版 日本国語大辞典「べた」の解説

べた

[1] 〘形動〙 すきまのないさま。一面に広がっているさま。また、すっかりその状態になっているさま。びっしり。
洒落本・深川手習草紙(1785)中「わっちゃあんまりべたで恥しいが、いっそぬしにどうかしたよ」
草枕(1906)〈夏目漱石〉八「一寸見当の付かないものが、べたに描いてある」
[2] 〘語素〙 多く動詞を名詞化した語の上に付いて、すきまなく一面に及ぶ、また、すっかりそうなるなどの意を添える。「べた塗り」「べた書き」「べたぼめ」「べたぼれ」など。
※もはや「戦後」ではない(1956)〈中野好夫〉「どうした心理か、ベタ満足している一部日本人階層は論外として」
[3] 〘名〙
① 「べたやき(━焼)」の略。
② 「べたぐみ(━組)」の略。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉現代の女学生「六号ベタ二十字詰二十九行三段一頁のが八頁もあり」
③ 印刷物で、ある部分のすべてがインキで覆われている状態をいう。網点印刷では、網点面積が一〇〇%のこと。また転じて、印刷用の絵などで、ある部分を黒く塗りつぶすこと。「ベタを入れる」
守礼(1948)〈丹羽文雄〉「紙の上段には、天アキ、ベタぬきと朱印を捺したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「べた」の解説

べた

[名・形動]
すきまなく物が並んでいること。一面に広がっていること。また、そのさま。「べたに塗りたくる」「今週はべたに予定が詰まっている」
印刷用の絵や漫画などで、単色(主に黒色)で塗りつぶすこと。また、網点あみてん印刷で、網点面積が100パーセントの状態。「べたを入れる」
俗に、ひねりがなく、面白味に欠けるさま。「べた駄じゃれ
べた焼き」の略。「べたで焼く」
べた組み」の略。「ぎっしりべたで組む」
名詞、また名詞に準じる語の上に付いて、すっかり、完全に、などの意で、下の動作を強める言い方。「べたぼめ」「べた惚れ」「べたなぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android