コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゲシバ

2件 の用語解説(トウゲシバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トウゲシバ

ヒカゲノカズラ科の常緑シダ。北海道〜沖縄,アジアなどに広く分布し,林下などにはえる。茎はやや直立して高さ10〜20cm,1〜3回二叉(にさ)分枝する。葉は茎の周囲に密生,やや開いてつき,長さ1〜2cmで披針形,幅はやや広いもの,狭いものなど多様,へりに鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウゲシバ
とうげしば / 峠芝
[学]Lycopodium serratum Thunb.

ヒカゲノカズラ科の常緑性シダ。茎は直立して2、3回分枝し、高さ20センチメートルに達するものもある。茎の先端近くの葉に胞子嚢(のう)をつけるが、ヒカゲノカズラなどのようなはっきりとした胞子嚢穂(すい)にはならない。螺旋(らせん)状につく小葉には鋸歯(きょし)がある。日本全土の山地林下に分布するが、やや湿度の高い場所を好む。解熱、止血などの効き目があり、中国では全草を薬用とする。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトウゲシバの言及

【ヒカゲノカズラ】より

…葉は開出し,胞子囊穂は小枝から下向きにつく。トウゲシバL.serratum Thunb.は地上生で,茎が数本に枝分れして直立し,芽体をつける。葉の縁に鋸歯があり,はっきりした胞子囊穂をつくらない。…

※「トウゲシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone