コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウナスカイメン Tetilla serica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウナスカイメン
Tetilla serica

海綿動物門尋常海綿綱四放海綿目マルガタカイメン科。体は高さ 5cm,直径 8cm内外のとうなす (かぼちゃ) 形で,表面に縦皺状の線がある。上端が開口し,体内の胃腔と連なっている。骨格は桿状体,槍形三叉体,錨形三叉体などから成る。生時は赤みを帯びるが,標本として保存すると灰褐色になる。本州太平洋岸の浅海の砂泥中になかば埋もれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トウナスカイメン【Tetilla serica】

尋常カイメン綱マルガタカイメン科の海綿動物。本州以南の沿岸に分布し,各内湾の砂泥中に半ば埋もれて生活する。体は高さ5cm,直径8cmほどのトウナス(カボチャ)形で,赤褐色。上端の中央に開いている凹んだ口から放射状にしわ状の縦の溝がある。体の下端からは房状根毛がでていて,他物につく。骨格は桿状体(かんじようたい),前向三叉体,後向三叉体などの骨片からなり,またシグマ体や球状体などの微小骨片も散在する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウナスカイメン
とうなすかいめん / 唐茄子海綿
[学]Craniella serica

海綿動物門尋常海綿綱マルガタカイメン科に属する海産動物。外形がトウナス(唐茄子)に似るのでこの名がある。高さ約5センチメートル、直径約7センチメートルの楕円(だえん)体の海綿で、表面には放射状に溝がある。体の上部中央に中腔(ちゅうこう)が開く。骨片は桿状体(かんじょうたい)、前向三叉体(さんさたい)、後向三叉体とよばれる3種の主大骨片と、シグマスパイラとよばれるこの類特有の微小骨片をもつ。トウナスカイメンは、潮間帯下部の砂泥地に下部の骨片束で突き刺さって生息している。この海綿は、場所により2年置きとか3年置きに発生することが知られており、その場所はトウナス畑とよばれる。[星野孝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android