コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガクシソウ Ranzania japonica (T.Ito ex Maxim.) T.Ito

1件 の用語解説(トガクシソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トガクシソウ【Ranzania japonica (T.Ito ex Maxim.) T.Ito】

トガクシショウマと呼ばれることもある(イラスト)。名は信州戸隠で最初にみつかったことによる。花が美しい日本特産のメギ科の多年草。日本の植物ではじめて,日本人分類学者によって学名が与えられた植物としても知られる。 高さ30cm内外,基部に数枚の鱗片葉がある。葉は2枚が見かけ上,対生しているが互生。1回3出複葉。2枚の葉の間から集散花序が出る。花期は5月下旬~6月上旬。萼片9枚,内側の6枚が淡紫色となって花弁のようにみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トガクシソウの関連キーワード戸隠高原学匠戸隠升麻破礼車上等運動員打鐘Health Service Centerプルツワルスキー モウコノウマ (Equus ferus przewalskii, Equus caballus przewalskii, Przewalski's Horse, Asiatic Wild Horse, Mongolian Wild Horse, Taki)第2手根骨 (2nd carpal bone)第1手根骨 (1st carpal bone)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone