コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガクシソウ Ranzania japonica (T.Ito ex Maxim.) T.Ito

世界大百科事典 第2版の解説

トガクシソウ【Ranzania japonica (T.Ito ex Maxim.) T.Ito】

トガクシショウマと呼ばれることもある(イラスト)。名は信州戸隠で最初にみつかったことによる。花が美しい日本特産のメギ科多年草。日本の植物ではじめて,日本人分類学者によって学名が与えられた植物としても知られる。 高さ30cm内外,基部に数枚の鱗片葉がある。葉は2枚が見かけ上,対生しているが互生。1回3出複葉。2枚の葉の間から集散花序が出る。花期は5月下旬~6月上旬。萼片9枚,内側の6枚が淡紫色となって花弁のようにみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トガクシソウの関連キーワード妙高戸隠連山国立公園トガクシショウマ戸隠升麻

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android