コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トスカネッリ Paolo dal Pozzo Toscanelli

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トスカネッリ
とすかねっり
Paolo Del Pozzo Toscanelli
(1397―1482)

イタリアの天文学者、数学者、地理学者、医師。フィレンツェ生まれ。著書は散逸したが、各分野での業績が伝えられる。ことに有名なのは地図、海図の制作で、プトレマイオスに頼らず、実証を論拠とし、旅行家、探検家、外国人より実地見聞を聴取する方法をとった。その結果、東アジアへの最短距離は大西洋を西航するコースとの確信に達した。これを記した書簡(1474)がコロンブスの目に触れ、その航海計画に重大な影響を与えたといわれる。[在里寛司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トスカネッリの関連キーワードルネサンス史(年表)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android