コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマス福音書 トマスふくいんしょGospel according to Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマス福音書
トマスふくいんしょ
Gospel according to Thomas

1945年に発見されたナグ・ハマディ文書に含まれていた新約外典中の福音書でコプト語による 114に上るイエス語録集である。元来はギリシア語で書かれたものの翻訳 (400頃) であり,その一部はギリシア語のオクシリンコス・パピルス中にあり,またギリシア教父やグノーシス主義者によって録されており,『ヘブル人福音書』や『エジプト人福音書』との重複もみられる。主として2~3世紀のグノーシス派,シリアのキリスト教徒,マニ教徒らによって使用されたもので,グノーシス的色彩が濃い。これらの語録が共観福音書に先立つ口頭伝承に基づくのか,あるいは共観福音書の伝承によるのかについては議論されている。 (→経典外聖書 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トマスふくいんしょ【トマス福音書 Gospel according to Thomas】

新約外典の一つ。イエスの双子の兄弟トマスが書き記したとされるイエスの隠された語録集で,114の語録を含んでいる。その存在は3,4世紀の教父たち(ヒッポリュトスオリゲネスエウセビオスなど)によって証言されていたが,1945年にエジプトのナグ・ハマディで発見されたコプト語のグノーシス文書(ナグ・ハマディ文書)の中に,同名の福音書が見つかってはじめてその内容が明らかにされた。ただしそれが教父たちの証言する文書と同一のものであるかどうかは確かではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トマスふくいんしょ【トマス福音書】

新約聖書外典の一。イエスの語録集で、弟子トマスが書いたとされ、共観福音書、ユダヤ人キリスト教徒、グノーシス主義の三様の特色を反映し、未知の語録を含む。1945年エジプトのナグ-ハマディで発見されたコプト語グノーシス文書に含まれていた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のトマス福音書の言及

【トマス】より

…1世紀半ばの,イエスの12弟子の1人として数えられ(《マルコによる福音書》3:18など),デドモ(〈双子〉の意)と呼ばれた(《ヨハネによる福音書》20:24)ユダヤ人。そこからイエスと双子の兄弟であったとの解釈が生じ,グノーシス的な《トマス福音書》や《トマス行伝》においてはきわめて重要視されるに至った。その際には《ヨハネによる福音書》20章27節が,トマスが復活したイエスに触れることのできた唯一の使徒であったことの証左として用いられた。…

【トマスによるイエスの幼時物語】より

…幼児イエスに関する後代の逸話を読物として並列させたもので,最後は〈12歳のイエス〉で巻を閉じている。特定の教義的関心は希薄で,同じ外典文書の《トマス福音書》との関連もない。ギリシア語の外,多数の古代語の翻訳写本が残存する。…

※「トマス福音書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トマス福音書の関連キーワードトマスによるイエスの幼時物語偽福音書聖家族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android