トヨタ・カップ(英語表記)Toyota Cup / Copa Toyota

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トヨタ・カップ
Toyota Cup / Copa Toyota

ヨーロッパと南アメリカのクラブ王者が対戦するサッカーの試合。実質的なクラブ世界一を争う大会といえる。 1960年にインターコンチネンタル杯 (世界クラブカップ) として開催され,当初はホームアンドアウェー方式で実施されていたが,ヨーロッパと南アメリカの対抗意識が高じて乱闘になるなど荒れた試合が増えたため,ヨーロッパ勢がしばしば対戦を拒否。このため 1981年から中立国の日本で,トヨタ自動車の協賛を得て一発勝負で開催することになった。トヨタ・カップとしては 2004年大会が最後となり,2005年からは発展的に解消するかたちで,6大陸のクラブ王者が出場する国際サッカー連盟 FIFA主催の世界クラブ選手権に吸収されることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android