コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスファー・プライシング トランスファー・プライシング transfer pricing

2件 の用語解説(トランスファー・プライシングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランスファー・プライシング
トランスファー・プライシング
transfer pricing

移転価格操作のことで,各事業部門間または親会社子会社間で製品を移転する場合の仕切価格を操作すること。たとえば,親会社と海外子会社など関連企業の取引の際,帳簿上の取引価格を操作することにより,国内の所得を少なく見せかけ,国内での納税額を減らすことや,税負担の軽い国の法人に利益を集中させることで税負担の軽減を図ることが可能である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスファー・プライシング
とらんすふぁーぷらいしんぐ
transfer pricing

多国籍企業が国境を越えて行う親会社と子会社、あるいは子会社相互間の部品、完成品、サービスなどの取引は、国際市場を経由しないで企業グループ内の取引(企業内貿易)として扱うことが多い。これら企業グループ内の取引は、市場価格と異なった多国籍企業の政策に基づく価格をつけることができる。このような多国籍企業内部で政策的に決定される価格操作をトランスファー・プライシングといい、振替(または移転)価格政策ともよばれる。トランスファー・プライシングは次のような目的で利用される。〔1〕各国の税率の差を利用して、とくにきわめて税率の低いタックス・ヘイブンを利用して、企業グループ全体として租税を最小限にする。〔2〕子会社の利潤の送金に対する制限を回避する。〔3〕垂直的に統合された企業は、競争がもっとも少ない生産段階に利潤を集中し、競争の激しい段階では利潤を少なくするようにして、競争者に対し有利な立場にたつ。〔4〕トランスファー・プライシングを利用して研究開発費、中央管理費を各製品に適宜に割り当てる。このような多国籍企業のトランスファー・プライシングを利用した租税回避に対して、各国政府は基準価格制度を設けるなどして対抗している。[相原 光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランスファー・プライシングの関連キーワード価格決定価格操作事業部移転価格税制移転価格協定価格SBP国際課税社内資本金制度社内振替価格

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone