コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランブル トランブルTrumbull, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランブル
Trumbull, John

[生]1750.4.24. コネティカットウェストベリー
[没]1831.5.11. デトロイト
アメリカの詩人,法律家。いわゆるコネティカット・ウィッツの一人。エール大学在学中『ボストン・クロニクル』紙にイギリスの随筆新聞『スペクテーター』にならった『おせっかい』 The Meddlerと題する随筆を寄稿以来,さまざまな随筆や風刺詩を発表。代表作は,当代の教育を風刺した詩『愚鈍の進歩』 The Progress of Dulness (1772~73) ,独立戦争をふまえた長編風刺詩『マクフィンガル』M'Fingal (82) 。

トランブル
Trumbull, John

[生]1756.6.6. コネティカット,レバノン
[没]1843.11.10. ニューヘーブン
アメリカの画家。 1773年ハーバード大学卒業,75年アメリカ独立戦争に従軍し,短期間 G.ワシントンの副官をつとめる。 80年ロンドンに行き B.ウェストのアトリエに学び,独立戦争をテーマとする歴史画を描く。 87~89年のパリ旅行の際 J.ダビッドに会い,89~94年アメリカに帰国し独立戦争の立役者の肖像を描く。 1816~35年ニューヨークの芸術アカデミーの会長。 31年エール大学に自己の多数の作品を寄贈。代表作『バンカーズ・ヒルの戦い』 (1786,エール大学付属美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トランブルの関連キーワードウェスト(Benjamin West)アメリカ美術ワシントン園山美保子デュランド4月24日太田智子チミノ副官

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トランブルの関連情報