コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリスタン・レルミット Tristan l'Hermite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリスタン・レルミット
Tristan l'Hermite

[生]1601? ラマルシュ
[没]1655.9.7. パリ
フランスの詩人,劇作家。本名 François l'Hermite。アンリ・ド・ブルボンの小姓をつとめたのち,オルレアン公やギーズ公に仕えた。コルネイユの『ル・シッド』にも比肩する成功を収めた悲劇『マリアンヌ』 La Marianne (1636) や,『セネカの死』 La Mort de Sénèque (44) などの作者。詩には『恋愛詩集』 Les Amours (38) をはじめ,詩人の並みはずれた微妙な感覚をうかがわせる作品がある。 20世紀になってようやくその価値が認められ,H.ラカンとともにルイ 13世時代の最高の詩人とみなされるにいたった。ほかに,物語風自伝『不興をこうむった小姓』 Le Page disgracié (42) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリスタン・レルミット
とりすたんれるみっと
Franois Tristan L'Hermite
(1601―1655)

フランスの詩人、劇作家。幼くしてパリに出て貴族の小姓になる。やがて決闘で人を殺し、外国に逃亡。帰国後も自由奔放な生活をしたらしい。ルイ13世の王弟に仕えたころから詩作に励み、恋愛詩などを書く。悲劇『マリアーヌ』Marianne(1636)が大成功を博し、名声を得た。ほかに『恋愛詩集』Les Amours(1638)などがある。憂いを含んだ当代一の叙情詩人で、再評価されつつある。[伊藤 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトリスタン・レルミットの言及

【フランス演劇】より

…折しも宰相・枢機卿リシュリューの文化政策への着手と相まって,演劇が,常設劇場,しかもパリの常設劇場で演じられる文学的にも質の高い戯曲の上演を中心とするように決定的に変わり,演劇の社会的ステータスが飛躍的に上昇する(コルネイユのバロック喜劇《芝居の幻想》がその間の事情をよく語っている)。ブルゴーニュ座のアルディ,ロトルー,マレー座のトリスタン・レルミットTristan L’Hermite(1601‐55),コルネイユといった座付作者の競争が劇場の盛衰をも決するという現象もこの時期に初めて起こる。もっとも,〈言葉の演劇〉と劇詩人の君臨は一挙に確立したわけではない。…

※「トリスタン・レルミット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリスタン・レルミットの関連キーワードコルネイユキノー伊藤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android