トリバガ(鳥羽蛾)(読み)トリバガ

世界大百科事典 第2版の解説

トリバガ【トリバガ(鳥羽蛾)】

鱗翅目トリバガPterophoridaeの昆虫総称イラスト)。開張1~2cmの小型種を含む科で,大部分の種が前翅は2本,後翅が3本の羽状翅に分かれ,ことに後翅は細長い状になっている。体は細く,は長い。まれには前翅も3本の枝に分かれ,あるいはまったく羽状翅に分かれない種もある。ほとんど全世界に分布しているが,日本では56種が記録されている。成虫はよく灯火に飛来するが,日中草地を飛んでいることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android