コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリバガ トリバガ Pterophoridae; plume moth

3件 の用語解説(トリバガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリバガ
トリバガ
Pterophoridae; plume moth

鱗翅目トリバガ科の昆虫の総称。小型のガで体は細く,色彩は淡灰色ないし灰褐色の地味なものが多い。翅は他のガ類のような1枚の片状をなさず,深く裂け,普通前翅は2片,後翅は3片の細い羽状翅に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トリバガ

鱗翅(りんし)目トリバガ科の総称。小さなガで開張30mm以上の種類は少ない。灰色または褐色の目立たない色彩で,翅に数本の深い切れ目があり,静止する時にはT字状にたたむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリバガ
とりばが / 鳥羽蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目トリバガ科Pterophoridaeの総称。この科の種類は、はねの開張10~30ミリ。小形のガで、体、はねはともに細長く、脚(あし)は長い。前翅は深く切れ込んで二つに分かれ、後翅は基部近くから3本の羽状翅に分かれていることが多い。前翅・後翅とも後縁部に特殊化した鱗粉を列生したり、塊となって生えていることが多く、グループによっては、脚に鱗粉が固まって生えている。触角は糸状で、前翅より短い。ほとんど全世界に分布し、日本からは56種が知られている。夜間灯火に飛来するが、昼間草地を飛んでいる姿がよくみられる。静止するときは、はねを開き、後翅は前翅の下に隠され、後脚を後方に一直線に伸ばす。幼虫は草やつる植物の葉を裏側から食べたり、糸を吐いて折り曲げて食べたり、花や果実、あるいは茎に潜ったりする。害虫としてとくに重要視されている種はないが、サツマイモトリバは九州より南方で、サツマイモの害虫とされているし、ブドウトリバはブドウの葉や花を食べる。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリバガの関連キーワードシタバガ蝙蝠蛾尺蛾透翅蛾虎蛾広頭小蛾キバガ(牙蛾)トガリバガ(尖翅蛾)トリバガ(鳥羽蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone