コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリンギット族 トリンギットぞくTlingit

翻訳|Tlingit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリンギット族
トリンギットぞく
Tlingit

アラスカ南東部の海岸地帯に居住するアメリカインディアンの一民族。言語はナデネ語族に属する。アザラシ,イルカ,カワウソなどの狩猟や貝類,草木の根などの採集を営む。カヌー,彫刻,石器や銅器,毛布,籠などの製作に秀で,精巧なトーテムポールはそれら技芸の表徴といえる。社会は4氏族,14地縁集団に分れており,基本単位は政治的に独立し,それぞれの首長を有する母系リニージである。 19世紀中頃以降,アラスカの商業的発展の影響を受け,階層化,貧富差が顕著となった。人口は減少の一途をたどったが,現在ではその減少傾向は食止められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリンギットぞく【トリンギット族 Tlingit】

北アメリカ北西海岸領域の北部,現在のアメリカ合衆国アラスカ州南東部に居住するアメリカ・インディアンの一族。人口約9500(1980)。アサバスカ(ナ・デネ)系言語を話す。トリンギットとは〈人々〉の意味。生活文化は海の食料資源と海岸に迫る森林によって特徴づけられる。伝統的な食料獲得方法はサケ,オヒョウなどの漁労,アザラシ類の狩猟が主で,陸獣狩猟と野生植物の採集も行われた。木工,織物の技術にすぐれ,カヌー,仮面,木箱,供食用容器などに彩色絵画,彫刻がほどこされた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトリンギット族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…これらの豊富な食糧資源に基づいて,社会的序列を重視する階層社会が発達し,トーテム・ポール,銅板紋章,仮面,木彫品にみられる独特の芸術様式が発達していた。ヌートカ族,ハイダ族,クワキウトル族トリンギット族,ツィムシャン族などが代表的な部族である。
[カリフォルニア文化領域]
 カリフォルニア州北部から南部にかけての地形はコースト・レーンジズ(海岸山脈)とサン・ホアキン川およびサクラメント川の河谷に特徴づけられる。…

※「トリンギット族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリンギット族の関連キーワード北アメリカインディアンチムシアン族狩猟採集民ポトラッチハイダ族

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android