コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレス海峡 トレスかいきょうTorres Strait

翻訳|Torres Strait

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレス海峡
トレスかいきょう
Torres Strait

オーストラリアのヨーク岬半島ニューギニア島との間にある海峡で,アラフラ海サンゴ海とを結ぶ。小島,浅瀬,岩礁が多く,航路が限られている。幅 130km。海峡内のトレス海峡諸島オーストラリアクイーンズランド州に属している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トレス海峡【トレスかいきょう】

オーストラリア北端,ヨーク岬とニューギニアとの間の海峡。狭いところでは幅約150kmであるが,トレス海峡諸島(オーストラリア領)やサンゴ礁,浅瀬が多く航行は難しい。トレス海峡諸島民はメラネシア人で,1980年代以降先住民の権利を要求する運動を展開。マボ判決に発展した。
→関連項目トレスハッドン木曜島ヨーク岬半島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トレスかいきょう【トレス海峡 Torres Strait】

オーストラリア大陸北東部のヨーク岬半島とニューギニア島南岸との間の海峡。最も狭い所では幅が150km。トレス海峡諸島の島が散在し,潮流と浅瀬のために,古くから航行の難所として知られている。トレス海峡諸島はオーストラリア領であるが,島民にはパプア・ニューギニア人との共通点が見られる。1606年にスペイン人トレスが初めて通過し,ニューギニア島とオーストラリア大陸が地続きでないことを確認した。【谷内 達】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレス海峡
とれすかいきょう
Torres Strait

オーストラリア北端とニューギニア島南岸との間の海峡。最小幅150キロメートル。島が散在し潮流と浅瀬のため航行の難所として知られる。トレス海峡諸島の島民にはパプア・ニューギニア人との共通点がみられる。1606年スペイン人トレスが通過し海峡であることを確認。[谷内 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トレス海峡の関連キーワードトレス(Luiz Váez de Torres)アルフレッド・C. ハッドンチャールズ・G. セリグマングレートバリアリーフメラネシア[人]カーペンタリア湾マクドゥーガルアボリジニ問題アボリジニーサーズデー島リバーズ釣り針綾取り

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トレス海峡の関連情報